お手上げな人の為の【はじめての電子書籍】作り方とQ&A

自分の本を出したい!

かつては一部の選ばれし著名人が、出版社経由で出版しなければなりませんでした。素人が本を作る場合は、高額な費用を払って自費出版するしかなかったのです。

しかし電子書籍が登場したおかげで、いつでも誰でも気軽にセルフ出版できるようになりました。

本記事では、はじめての電子書籍作りに役立つ情報をまとめました。

読み終えた頃には、あなたも電子書籍が作れるようになりますよ。

まず大前提として、一回使ってみてください。
kindleアプリをダウンロードすれば、お手持ちのスマホで今すぐ閲覧できますよ。
Kindle for Macをダウンロードする
Kindle for Androidをダウンロードする
利用料金なし。書籍購入時のみの課金です。無料本だけでも、かなり楽しめますよ!

目次

基本的なセルフ出版の流れ(kindle版)

そもそも電子書籍の作り方って、わからないですよね。こちらの記事で、電子書籍を出版するまでの流れをまとめました。

▼電子書籍を出版するまでの流れはこちら

電子書籍の作り方&売り方|kindleセルフ出版の流れ

電子書籍を書く前に……

せっかく書いたのに、売れなかったら嫌ですよね。

売れる本にするためにも、最大限の努力をしましょう。

ここからは、本文を書く前に知っておきたい情報をまとめました。

「電子書籍として売れるか」ネタを事前チェックする

どんなに素晴らしい内容でも、読者にとっては魅力的に見えないかも。

読者にとって魅力的に見えるか、事前にネタチェックしてみましょう。

すでにネタが決まってる人はこちら

たったこれだけ!経験やアイデアを「売れる電子書籍」に変える方法

▼漠然としたイメージだけの人はこちら

「このネタ電子書籍になる?」売れるための3つのチェックポイント

電子書籍にできるネタがない

▼まったくネタがない人はこちら

ブログや電子書籍、何書けばいい?ネタ出しセルフチェック

よくあるお悩み

ここからは、よく寄せられるお悩みへの回答をご紹介しますね。

文章力がない

「文章力がないとダメでしょ」躊躇う人も多いですが、高い文章力は必要ありません。日常レベルの文章力で問題ありません。

参考として、WEBライターに必要な文章力をご紹介しますね。

▼文章力でお悩みの人はこちら

WEBライターに必要な文章力とは?勉強方法も併せて解説

セルフ出版したが電子書籍が売れない

売れるには、本文よりも「表紙」「タイトル」「商品説明文」が大事!

なぜ本文以外が重要なのか、購買行動をもとに解説します。

▼売れる電子書籍を作りたい人はこちら

売れる電子書籍の条件とは?|対策ポイントと参考書籍付

実例|表紙変えたら売れました

「売れるには表紙が大事!!」と散々聞かされましたが、こんなに変わるとは……。

表紙を変えたら5倍売れた時に、私がしたことを解説します。

▼売上が伸びずに悩む人はこちら

【衝撃】電子書籍の表紙を変えたら、毎月5倍以上売れた話

電子書籍作りのお役立ち情報

私はこれまでに10冊以上の電子書籍を出版してきました。そこから得た便利情報をシェアしますね。

ブログを電子書籍化する

これまで書いた記事を再編成したら、電子書籍が作れるかも!

本ブログ(かけない.com)の記事をまとめて電子書籍を作ったので、その時のことをご紹介します。

▼これまでブログを書き続けている人はこちら

【kindle】ブログを電子書籍化する方法

音声入力でサクサク執筆する

電子書籍(相場は1万字以上)を全部書くと、めちゃくちゃ大変。でも音声入力を使えば、サクサク作れます!

▼電子書籍作りに便利な音声入力ソフトはこちら

「音声入力は何がオススメ?」Googleドキュメント一択である理由

動画のついでに電子書籍を作る

動画の文字起こしを上手に使えば、お手持ちの動画から電子書籍が作れます。

動画が残っているため、音声入力の欠点「誤変換がひどすぎて、何のこと書いてるか後で確認できない」もカバーできますね。

▼動画から電子書籍を作りたい人はこちら

【Vrew】動画の文字起こしから電子書籍を作る方法

電子書籍で「自分の本」を気軽に出版しよう

電子書籍は、本文さえあれば最短1日でセルフ出版できます。何か外注しない限りは費用ゼロ。

慣れるまでは大変ですが、2~3冊も出せばサクサク出版できるようになるでしょう。

私はかつて自費出版しましたが「売れない」「高すぎる費用」「在庫地獄」で泣きました。

しかし電子書籍であれば、「高すぎる費用」「在庫地獄」は回避できます。また「売れない」なら、いつでも変更や修正が可能。売れるまで刷新することができるのです。

まずは60点でも気軽にセルフ出版し、修正しながら「売れる電子書籍」を目指してくださいね。

参考記事:自費出版について知ろう

自費出版の負担費用はこれだけ大きい。読めば、電子書籍の便利さが理解できますよ。

▼自費出版の費用についてまとめた記事はこちら

自費出版の相場はいくら?高額な費用の理由もお伝えします

ちなみに、運がいいと格安で自費出版できます。私が自費出版した時の話をしますね。

▼自費出版の会社から格安で自費出版したい人はこちら

私が格安で自費出版した方法&無料で自分の本を作る方法

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる