【衝撃】電子書籍の表紙を変えたら、毎月5倍以上売れた話

わくわくガールのアイコン画像わくわくガール

中身さえよければ売れるでしょ

電子書籍作りで、表紙をないがしろにしていませんか?

残念ながら、適当な表紙では売れないかもしれません。一方で表紙を変えただけで売上倍増するケースもあります。

本記事では、【実体験】表紙を変えた途端に売上5倍になった電子書籍の話をします。

もしかしたら、あなたの電子書籍の売上も倍増するかもしれませんよ。

▼売れる電子書籍の表紙の作り方はこちら

【売れる電子書籍】表紙の作り方|売れてる人のノウハウ

目次

電子書籍が売れるまでの経緯

2020年、タロット占いの本を出しました。表紙は、見ての通りです。

現在、こちらの本は終売しています。ご希望の方は新装版をお読みください。
  • タイトル:ゼロから始めるカードリーディング入門
  • サブタイトル:当たる占い師はカードのどこを見ているのか?

タロット占いをする時、どこを見たらいいのか」をコンセプトに、占いのやり方を解説しました。サブコンセプトとして、「ルールよりも、型破りでいいから当てることを重視しよう」が含まれています。

しかしアマゾンレビューは低評価の嵐。「画像が見れない」という問題もあったせいですが、内容に関するクレームも多かったです。99円なのに「返金しろ」と言われるほどの酷評ぶりでした。

この電子書籍の何が悪いか

低評価の理由は、主に二つです。

  • 画像が出ない
  • 思ってた内容と違う

「画像が出ない」は、でんでんコンバーターの問題ですね。対処法が見つかるまでは、画像なしで乗り切るしかありません。最終章を丸ごと差し替えました。

「思ってた内容と違う」は、相手の誤解といえばそれまで。しかし何人も誤解するのもおかしいですよね。それに同内容のストアカ講座は大人気です。

では、いったい何が悪いのでしょうか?

解決策

気づいたのが、タイトルです。ストアカ講座は、次の内容がウリでした。

  • 霊感・解説書を一切使わない
  • 堅苦しいルール全無視(直感で占う)
  • 30分で一生使えるスキルを習得

しかし電子書籍では、その面を押し出していません。

そこでタイトル変更。表紙も前著「ほぼ覚えない数秘術入門」に合わせました。

シリーズものとして、表紙を統一しました。

表紙の比較は、下記のとおり。

個人的には「前の方が華やかでいいのに」と思いましたが、ものは試し。様子を見ました。

電子書籍の表紙を変えた結果……

変更前、タロット本の購入数は月10冊程度でした。少なすぎて笑うでしょうが、実際こんなもんです。これでも多い方でした。

表紙を変えた途端、月50冊にアップ。※初月の話です。

現在、表紙を変えてから3か月経過していますが、毎月50冊は超えてきます。ちなみに、直近2021年3月の売上は、70冊を超えました。

しかも低評価レビューが減りましたね。本書の内容は人を選びますが、おおむね満足する人が多い印象です。ストアカ講座のレビューと同じような意見が寄せられていました。

電子書籍の表紙はこだわろう!

今回電子書籍で修正したのは、次の通りです。

  • 画像が出ない箇所を差し替え(鑑定実例から質問コーナーへ変更)
  • タイトルをストアカ講座に寄せた
  • 表紙をシンプルなレイアウトに変更

立派な表紙と売れる表紙は異なります。私は今でも最初の表紙がいいと思っています。でもkindleストアで見ると、見づらいんですよね。字が読みづらい。

電子書籍を買う時、まず目に飛び込むのが表紙です。読者の注意を惹きつけるような表紙を作りましょう。

「デザイン苦手」「どんなのにすればいいかわからない」という人は、外注するのがオススメです。ココナラでは電子書籍の表紙作りが依頼できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

おすすめ記事

▼売れる電子書籍の表紙の作り方はこちら

【売れる電子書籍】表紙の作り方|売れてる人のノウハウ

▼売れる電子書籍の表紙の作り方はこちら

【売れる電子書籍の条件とは?|対策ポイントと参考書籍付

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる