WEBライターに必要な文章力とは?勉強方法も併せて解説

お悩みガールのアイコン画像お悩みガール

私にライターなんて出来るかな?

副業として人気のWEBライター。一生ものの知識と稼ぐスキルが身につくので、私は色々な人にオススメしています。

しかし、自分の文章力がネックで、始められない人も多いでしょう。「まずは勉強しなきゃ」と尻込みするかもしれませんね。

しかし、実はWEBライターに必要な文章力は、大して高くありません。

本記事では、ライターに必要な文章力について解説します。

読み終えた頃には、あなたもライターを始める自信がわきますよ。

目次

WEBライターに必要な文章力とは

WEBライターに必要な文章力は、中学生が理解できる程度といわれています。WEBライティングで必要なのは「誰にでもわかること」だからです。

ネットの文章は、誰が読むかわかりません。ターゲットは20代女性でも、29歳と21歳なら、理解度が異なるでしょう。学歴でも理解度は変わるでしょうね。また、60代女性が読むかもしれないし、20代男性が読むかもしれない。

ネットの文章は、読む人を選べない。だからこそ「誰が読んでもわかる文章」が求められるのです。

基本的には、辞書なしで読めないような文章は、書く必要がありません。(もちろんライターが言い回しを変えたり、意味の確認をする上では必要ですが)

つまり、大人のあなたなら、余裕でこなせるということです。

文章力がないと思う理由

しかし、多くの人が「文章力がない」と悩んでいます。大人なら文章に問題ないはずなのに、なぜでしょうか。

本当に問題なのは文章力ではなく、書き方や伝え方です。

文章は、相手に伝えるのが目的です。つまり読者が理解できなければ、意味がない。だから読者に伝わるよう、配慮する必要があります。

もちろんテクニックは重要です。しかしテクニックがある人でも、わかりにくい文章を書く人は多い。テクニックは、伝えたり書きやすくするためにあります。読者への配慮がなければ、いくらテクニックがあっても、読みにくい文章になるでしょう。

配慮は、テクニック以前の問題です。つまりあなたの心がけ次第。初心者にもできるのです。「わかりにくくないかな」「この表現で伝わるかな」といった配慮を、常に忘れないでくださいね。

どこでライティングスキルを学べばいいか

基本的には、いきなりライターとして受注することをオススメしています。そして必要になったら学びましょう。

ライターとして仕事を始めるなら、まずはスキルシェアサービスで仕事を探しましょう。クラウドワークスやランサーズ等の有名サイトには、未経験OK・初心者OKの仕事が豊富にあります。

単価は安いですが、マニュアル有の仕事が多い。お金をもらいながら学ぶことができます。下手なライティングスクールに通うより、何倍も学べるでしょう。

有名スキルシェアサービスには、初心者がいきなり飛び込んでいける環境が整っていることが多いです

それに、自分の実力って、わからないですよね。だから一度受注して、自分の文章力を客観的に評価してもらいましょう。自分ではイマイチだったとしても、書ける部類かもしれません。テストライティングでいきなり単価アップした人もいます。やってみない限り、自分の文章力を把握しにくいのです。

案件をこなして、行き詰ったら勉強しましょう。それからでも全然遅くありません。むしろ「何が足りないか」を分析でき、自分に必要な学びを効率的に選択できるでしょう。

学ぶ時は、結果を出している人から学んでください。成功した人が実践していることを行えば、あなたが成功する確率も跳ねあがります。

「いきなり受注だなんて……」と思うかもしれません。しかし学ぶだけでは、一向に上達しないでしょう。

私と同時期に「ライターになる!」と決意した友人がいました。その人はライター検定を取るべく勉強したのですが、二年経った今でもライターとして活動していません。一方の私は、この二年でライターをセミリタイア。今では好きなブログや電子書籍を書きながら、収入を得ています。

もしあなたが発注者だとした場合、友人と私、どちらに依頼するでしょうか。きっとこれまで経験者である私を選ぶでしょう。もしかしたら、友人は私以上に書けるかもしれません。しかし実績がないので、実力が証明できない。資格のある素人状態です。経験者が選ばれるのは、自明の理でしょう。

現代は、初心者が働きながら学べる環境が整っているのです。だから学ぶ前に、まずは受注することをオススメします。

ちなみに、私がどうしようもなく行き詰った時に読んだのが、こちら。「そもそも記事ってどう書くの?」という疑問が解決しました。テクニックも多いので、学び直したい人にもオススメです。

WEBライターに必要な文章力は、高くない

WEBライターに必要な文章力は、次の通りです。

  • 大人なら問題ない(中学生に伝わる程度の文章力が必要)
  • 文章力よりも、配慮の姿勢を心がける
  • 一回ライターとして受注し、足りないと感じたら勉強する

WEBライターは、いきなり初心者でも始められます。ライティングスクールに行かずとも始められます。

書く上で本当に大事なのは「読者への配慮」。それはどのジャンルを書く時も同じです。

配慮のない文章は、見るだけでわかります。「自分が言いたいことを書いている」か「相手にわかってもらうために書いている」か。読者になると、目につくものです。

特に創作ばかりしている人は、配慮が欠けがち。「読ませてやってる」と思い上がり、独りよがりな文章になりがちです。

だから小説家になりたい人こそ、WEBライターをするよう私は勧めています。学びも多く稼ぐ力も身につくので、文章修行にもってこいです。

こちらの本で詳しく解説しているので、よかったら参考にしてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる