私が格安で自費出版した方法&無料で自分の本を作る方法

書けないガールのアイコン画像書けないガール

自分の本を作りたいけど、高いなぁ

自費出版の相場は、数十万~数百万円といわれています。先日、友人母に自費出版のオファーが来たのですが、300万円を請求されたそうです。

私も過去に自費出版をしましたが、費用は60万円でした。他に比べれば、格安でしょう。

本記事では、私が格安で自費出版した方法についてご紹介します。また、無料で自分の本を作る方法もご紹介しますね。

ただし、自費出版の会社や制度によっては、適用できないでしょう。「こんなこともあるんだ」くらいの認識でお読みくださいね。

目次

私が格安で自費出版した方法

私が格安で自費出版できたのは、公募で受賞したから。流れは、次のとおりです。

  • 自費出版の会社が主催する公募に応募する
  • 受賞する
  • 特待生になる

さらに、高額にならなかった理由として、オプションを極力付けなかったのも大きいですね。

自費出版の費用については、こちらで解説しています。よろしければ、参考にしてください。

【体験談】私が格安で自費出版するまで

当時の私は、自費出版するつもりはありませんでした。ただ小説家になりたい。その一心で、文学賞に応募しまくってました。その中に、自費出版の会社が主催する賞があったのです。もちろんそんなことは知りませんでした。

ある日、主催者から通知が届きました。そこには「審査員特別賞」の文字が。天にも昇る気持ちで、続きを読みました。

通知には、大まかには次のような内容が書かれていました。

惜しくも大賞ではありませんが、とても素晴らしい作品でした。ぜひ本にすべきです。しかし大賞ではないため、弊社ですべてを負担できません。

しかし、○○様なら、特待生としてお迎えできます。特待生になれば、〇〇万円で自費出版できます。弊社発行の冊子にも、執筆依頼をいたしますし、優先的に掲載いたします。まずは一度お電話でお話しできませんか

※受賞通知を要約しています

特待生になったことで、私は破格の50万円で自費出版の契約をしました。

しかし後から足りないものが出てきて、オプション料金が発生。どうしても外せないページ超過と帯を追加したため、総額60万円で自費出版しました。

無料で自費出版する方法

自費出版は高額ですが、現代は無料で自分の本を出すことができます。

電子書籍なら、いつでも無料で自費出版できます。売上から手数料を引かれるので、実質的な負担はありません。

私は自費出版をして、かなり後悔しました。「売れない」という悩みは変わらないかもしれませんが、「著者に負担がない」という点は、自費出版と大きく異なります。

こちらの記事で電子書籍を出す流れを紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

格安どころか無料で自費出版しよう!

本記事のまとめは、次のとおりです。

  • 自費出版の会社主催の公募に受賞すれば、格安で自費出版できるかもしれない
  • 後から必要なものが出て、オプション料金が加算
  • 電子書籍なら無料で自分の本が出せる

格安とはいえ、自費出版には大きな負担が伴います。現代は個人が電子書籍を作れる時代。ぜひローリスクであなたの本を作ってみてください。

なお、本著では自費出版を取り巻く環境について、深く解説しています。初めての創作にも向いている本なので、よかったら参考にしてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる