メール占いの書き方【悩み別】厳選テクニックまとめ

副業として人気のメール占い。

しかし「上手く書けない」という人も多いでしょう。実際に占い師の多くが「占えるけど書けない」と悩んでいます。

そこで本記事では、メール占いの書き方の記事をまとめました。

占い好きの夢を壊す内容ばかりですが、知っていると非常に便利です。「これから占いを仕事にしたい」という人は、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

メール占いとは何か

「そもそもメール占いって何?」という人もいますよね。

メール占いとは、占いの鑑定結果を書いたもの。対面鑑定と違い、特有のルールがあります。

この記事では、メール占いの特徴とサンプルを公開しています。

メール占いを書くテクニック

鑑定内容によって、書くべき内容は異なります。しかし、どの占い鑑定文にも通用する「テクニック」は存在しています。

占いだけでなく、日常的に使えるテクニックも多いです。ぜひ体得してみてくださいね。

占いが当たらなかったらどうしよう

文字が残る分、後から「当たってない!」とクレームがつきやすいメール占い。

直接的な表現を避けることで、当たらない時の予防線を貼れますよ。

また、絶対に当たる表現方法もあります。自衛のためにも、知っておくと便利ですよ。

悪い鑑定結果が出たらどう書けばいい?

悪い鑑定結果が出たら、そのまま伝えるべきかどうか。悩ましいですよね。

実は書き方次第で、どうにでもできます。むしろ使い方次第でいい方向にも持っていけますよ。

こちらの記事では、悪い結果の伝え方をお伝えしますね。

うまく表現できない、鑑定文を書くのが下手

イメージしやすい文章が書けると、メール占いではかなり強い。

相談者が夢の世界に浸り、勝手に幸せになってくれます。それが病みつきになれば、相談者はリピートしてくれるでしょう。

占いライティングですぐに使える「イメージしやすい文章」の書き方をご紹介しますね。

テクニックを知ればメール占いは楽々書ける!

メール占いには、様々なテクニックが詰まっています。そのテクニックを知ることで、あなたもメール占いを楽々書けるようになるでしょう。

占いを見る目が培われるので、ダメな占い師が見ただけでわかるようになりますよ。鑑定してもらう時にも役立つので、ぜひ知ってみてください。

ちなみに、こちらの本ではメール占いに必要な占術から書き方、売り方までトータルで解説しています。「もっと知りたい!」という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる