【kindle版】電子書籍を自分で作って売るまでの流れ

電子書籍を作る」と言うと、大変な作業に思われます。

しかし現代では、電子書籍の作成から販売まで、すべて個人で行えます
下準備さえ整えておけば、出版作業に30分もかからないでしょう。

本記事では、電子書籍をセルフ出版する流れをご紹介しますね。

目次

必要物を揃える

電子書籍を出版するために必要なものは、次の4つです。

  1. 編集した本文データ
  2. 表紙イラスト
  3. タイトル
  4. 説明文

これらについて、一つずつ見ていきましょう。

編集した本文データ(EPUB形式)

なお、本文は書いたと想定して、その後の処理についてご紹介していきますね。

でんでんエディターで編集する

まずはブラウザででんでんエディターを開きます。
使用するのに、ダウンロードや料金は一切不要。ブラウザ上でそのまま編集していきます。

ブラウザで開いたら、本文をコピペで貼り付けましょう。
次に必要な処理をします。やることは、主に以下の5つですね。

  • 見出し付け
  • 文字装飾(太字、斜体、ルビをふる等)
  • 改ページ
  • リンクの挿入
  • 画像の挿入

個人的には実際使ってみて、困ったらでんでんエディターのヘルプを見るのが良いと思います。
普段から WordPress やオフィスソフトを編集している人なら、さほど難しくはないでしょう。
YouTubeには使い方動画もあるので、よかったら検索してみてください。

なお私がでんでんエディターを使った疑問点をまとめた記事もあるので、もし行き詰まったら参考にしてみてくださいね。

編集が終了したら保存。テキストデータがダウンロードされます

もし「編集する必要がない」という方は、予め本文をテキストファイルにしておけば、編集作業は飛ばせます。
しかし改ページや見出しがあると、とても便利。なので、個人的には編集することをお勧めします。

でんでんコンバーターでEPUB形式に変換する

でんでんエディターで出力したテキストファイルを、でんでんコンバーターでEPUB形式に変換します。
EPUB形式が、電子書籍のデータになるんですね。

でんでんコンバーターでテキストファイルを読み込み、画面に沿って必要な情報を入れるだけ
変換を押すと、すぐさま処理が終わります。

でんでんコンバーターは、時々プレビューがおかしくなりがち。個人的にはあまりあてにしてないですね。
Kindleにアップして、それでも表示がおかしいようなら、再度でんでんエディターから編集具合を見直してみてください。

表紙イラスト

表紙データを以下の形式で用意しましょう。

  • JPEG (JPEG/JPG) 、
  • TIFF (TIF/TIFF)

問題が発生しにくいので、kindle的には「JPEG」を推奨しています。

売りたいなら、表紙は本文以上にこだわりましょう。
なぜなら読者が電子書籍を探す時、まず目につくのが表紙イラストだからです。

表紙で興味を引かれ、次にタイトルを見る。良さそうならクリックして、商品ページを見る。さらに説明文を読んで納得したら、購入される。
これが「電子書籍が売れるまでの一連の流れ」です。

つまり表紙で惹かれなければ、売れるどころか目にも留まらないのですね。

私は表紙イラストをココナラで発注しています。

もちろん自作してもよいのですが、やはりプロの技は素晴らしい。
時間をかけて下手な表紙を自作するなら、いっそ依頼した方が良いでしょう。
ピンキリですが、五千円ぐらいで良質な表紙が手に入ります。

自作する場合はcanvaがとても便利。
次のサイズで作成しましょう。

  • 縦と横の寸法比 1.6:1
  • 縦と横のサイズ 2,560 x 1,600 ピクセル

外注でも自作でも、デザインはベストセラー本を参考にするのがオススメ。

売れてる本の表紙は、プロが細かい部分も計算して作った逸品。売れる要素が詰まっています。
もしプロの技を上手く自分の電子書籍に落とし込めたら、それだけで売れやすくなります

色々と面倒に思うかもしれませんが、表紙は売上を大きく左右する大事な部分。
ぜひ本文以上にこだわっていただきたいですね。

タイトル、説明文

表紙に惹かれた人が次に見るのが、タイトルと説明文。
ここも売れてるものを参考にしましょう。

TTPというおすすめな作り方があるのですが、これはまた別の機会にお話しますね。

アカウントの作成

必要物が全部揃ったら、いよいよKindleに登録していきます。
まずはKDPのサイトを開き、アカウントを作成しましょう。

厳密にはAmazonのアカウントと違うので、一から作成します。
メールアドレスなどは、Amazonアカウントと同じで構いません。

登録手順の詳細は割愛しますが、画面に沿って必要事項を入力するだけで簡単に作成できますよ。

本の登録作業

アカウントが作成されると、自分のページ(本棚)が出てくるかと思います。
タイトルの新規作成から、本を追加していきましょう。

入力は全部で3ページあり、順番に入力していきます。
途中で保存もできるので、わからない部分は後から入れることもできますね。

私が入力する際に困ったことをまとめた記事を、近日公開します。
よろしければ、参考にしてみてください。

しかし登録内容は、あくまで本人が決めること。私の情報は参考程度に留め、自分の要望に合わせて登録してくださいね。

販売開始を待つ

入力作業がすべて終了すると、出版作業に移行。
2日以内にKindle内で販売開始されます。

私の体感では、24時間後には検索すると出てきますね。
販売開始すると通知が届くので、大人しく待っているのもいいかもしれません。

なお販売開始後に「間違えた」「修正したい」という場合もあるでしょう。
その際はダッシュボードから当該書籍を選び、いつでも修正可能です。

修正が終わるまでは一時的に販売停止されますが、24時間後には販売再開されることが多いですね。

タイトルや説明文、金額や本文もすぐに変えられるので、ひとまず出品するのも多いに有。
より売れるように、販売後もブラッシュアップしてみてくださいね。

まとめ

Kindleに電子書籍を出版するまでの流れは、以下の通りです。

  1. 必要物を揃える
  2. アカウントの作成
  3. 本の登録作業
  4. 販売開始を待つ

「本文を書く」がとても大変ですが、出版自体はさほど難しくないかと思います

もちろん出版したからといって、即売れるとは限りません。
売るためには秘策があったり、戦略も存在します。

しかし自分の書きたいものを出す程度なら、そこまで深く考えなくて良いでしょう。
個人的には1、2冊お試しで出版してから、本命の本を出すことをオススメしています。

いずれにせよ、1冊でも出せば「本を出した人」という肩書がゲットできます。
それにKindleに自分の名前が出てくると感動もの。
しかも自費出版と違い、何百万円もの費用はかからないし、いつでも修正できるのが魅力ですね。

「自分の本が出したい」と思っている方は、是非セルフ自費出版を試してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

目次
閉じる