ライターを始めて知った、意外と知らない文章の大原則3選

お悩みガールのアイコン画像お悩みガール

なんで文章って書けないんだろう

SNSやメールなど、日本人は普段から、何かしら文章に接しています。
つまり、ベースの文章力はあるはずです。

なのに、なぜ多くの人が「書けない」と悩むのでしょうか?

実は、文章には「接し方」があります。

本記事では、私がライターを始めて知った、意外と知らない文章の大原則を3つご紹介します。

本記事を読むことで、漫然とした文章から脱することができますよ。

目次

文章の大原則3選

ライターになって私が驚いたのは、次の3つの事実です。

  1. 文章の目的は「人を動かすこと」
  2. 書くことよりも、中身や伝え方が大事
  3. 文章は読まれない

20年近く創作活動を続けていましたが、これらには微塵も気づけませんでした。

それでは、一つずつ見ていきましょう。

文章の目的は「人を動かすこと」

「文章は人を動かすことが目的」と言われています。これはどの文章においても同じです。

小説やフィクションなら、「感動させる=人の心を動かす」ことが目的。
商品説明文なら、買ってもらうのが目的ですよね。

しかし、人を動かすことは難しい。文章だけですぐに買ってもらえるなら、こんなに楽なことはないですよね。
だからセールスライティング等の技法が確立するし、プロのライターが存在するのです。

「一般人には関係ない」

そう思うかもしれませんが、あなたの文章に、何かしら目的はないでしょうか?

  • ブログで「イベント出店します」という記事を書くなら、「イベントに来てください」
  • 「爪が割れちゃった。ぴえん」とSNSに投稿するなら、「残念だね代わりのいいねをください」

注意深く探ってみると、何かしら目的があるように思えます。

もし「何もない」「思考整理のために書いている」というなら、誰の反響も得られないでしょう。
ノートに書き殴っているのと同じですから。

自分にとって役に立たない文章を読むほど、読者は暇じゃありません。
読んでもらいたいなら、読んでもらう工夫が必要です。

「読者に何をしてほしいか」
それを意識するだけで、書くべき内容や書き方が変わってきます。

まずは読者をどう動かしたいか。目的を明確にしましょう。

書くことよりも、中身や伝え方が大事

次の二つの文章、どちらが好ましいですか?

  • 彼との相性は最悪です。価値観の違いから、何度も喧嘩するでしょう。
  • 彼とは違いが多いので、ぶつかることが多いかもしれません。でもお互いの違いを受け入れることで、関係が良好に保てそうですよ。

書いていることは同じ「相性が悪い、喧嘩するだろう」なのに、後者は明るい未来が見えませんか?

仕事の一環で、私はメール占いの鑑定結果をよく作ります。鑑定結果の添削指導もしていますが、前者のような書き方をする人はかなり多い。

メール占いは、相談者に明るい未来を見せるのが肝。なのにこんな風に書かれたら、読み手はどう思うでしょうか?
少なくとも、いい気はしないですよね。

相手が欲しい言葉をかけろとは言いません。しかしどう伝えるかで、読み手が受ける印象は大きく変わってきます。
読み手の受ける印象が異なれば、感じ方やその後の行動も大きく変わるでしょう。

書き手になると、つい読み手への配慮を忘れてしまいます。
「どう伝えるか」は、常に意識してくださいね。

文章は読まれない

突然ですが、皆さんはこの記事を熟読していますか?

もちろん人によ、り読むスピードは違います。
しかし、「一字一句追っています!」という人は、少ないのではないでしょうか。

「文章は流し読みを前提として書くべし」

ライターなりたての頃に習い、とても衝撃を受けました。
しかし我が身に置き換えて考えると、本当にその通りなんですよね。

特にネット記事を読む時は、サッと目を通して終了。
知りたいことがあって調べたにも関わらず。

基本的に、人は文章を読みたくありません。よほど興味があること以外は、流し見します。

SNSの投稿なんか、いい例ですよね。
いいねを押す価値があるかどうか。一瞬で判別して、次に行くのではないでしょうか?

作者が苦心惨憺して書いた文章でも、読み手にとって読みたいものとは限らない。
読まれたとしても、一瞬で要不要を判別される。

情報や娯楽の多い現代、一つ一つの文章にじっくり向き合えるほど暇じゃありません。
そんな中で読まれるためには、読まれるための工夫が必要なのですね。

文章に一番大事なのは【気遣い】

文章を書く上で、一番重要なのは気遣いです。

  1. 文章の目的は「人を動かすこと」
  2. 書くことよりも、中身や伝え方が大事
  3. 文章は読まれない

これらの事実を補うため、様々なテクニックが存在します。

しかし、どんなに素晴らしい文章でも、読みづらければ読まれない。
反対に、テクニックを使わなくても、気遣いが施された文章は読みやすいです。

気遣いは、テクニックではありません。あなたの書く姿勢です。
自分だったら、この説明を他人からされて理解できるか」を意識してみましょう。

ぜひ読者が読むことを頭において、読みやすい文章を心がけてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる