【読むコツ付】なぜ昔の日本語の横書きは右から左なのか

昔の日本語って、読みにくいなぁ

西洋化の波を受け、日本に導入された横書き。当時は右横書き(→/右から左)で書かれていました。
※現在の横書きは左横書き(←/左から右)です。

西洋の文化が入った江戸後期には、右横書きが行われていました。やがて欧米にならって左横書きになりましたが、老舗の暖簾など、今でも時折右横書きを見かけますよね。しかし現在の横書きに慣れた状態で見ると、右横書きは非常に読みにくい。

本記事では、日本語の横書きが右から左で書かれた理由について解説します。

右から左で書く理由がわかると、一発で読めるようになりますよ。

目次

日本の右横書きは、横書きではない

実は右横書きは、横書きではありません。「縦一文字」で書かれています。日本の右横書きは、厳密には縦書きなのです。縦書きなら、右から左に流れるのも納得ですよね。

そのため、右から一文字ずつ読んで左にスライドしていくと、読みやすくなりますよ。

なぜ日本語は縦書きなのか

ちなみに、なぜ日本語は縦書きなのでしょうか。ついでに調べてみました。

縦書きの理由には、所説あります。

  • 昔は巻物を使っていたから
  • 古代中国語からの影響
  • 日本語が縦書き使用で設計されているから

調べてみたのですが、確固たる根拠が出てきません。どうやら「縦書きが当たり前」であり、むしろ「横書きが例外」とされたようです。

「日本語は縦書きにすると美しい」「縦書きの方が書きやすい」など、字面の美しさが理由となる場合が多いですね。

日本語が縦書きの理由は、「なんとなく」が、正直なところでしょう。

右横書きは縦一文字として読むと読みやすい!

本記事のまとめは、次の通りです。

  • かつて日本の横書きは、一文字による縦書き
  • 日本が縦書きの理由は「なんとなく」
  • 日本語は縦書きにすると美しい

ちょっとしたことですが、知ってると知らないとでは、大きな違いがあるでしょう。

ぜひスラスラと読んで、友人たちに自慢してみてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる