「どんな話書いてるの?」に秒で答える【ピッチとログライン】とは?

「小説を書こう!」と思ったものの、何から着手していいか迷っていませんか?

書きたいアイデアが閃いたら、まずは「どんな話」か考えることをオススメします。
最初に「どんな話か」を明確にすることで、その後の物語作りが楽になりますよ。

本記事では、アイディアがひらめいた直後にすべき簡易あらすじの作り方についてご紹介します。

※なお、事前にテーマを決めておくと、より作品作りがスムーズになります。
こちらの記事も参照してみてくださいね。

目次

ピッチとログライン

簡易あらすじの一種に「ピッチ」と「ログライン」があります。
どちらも「どんな内容か」を端的に説明するためのもの

どんなものか、それぞれ見ていきましょう。

ピッチとは

ピッチは「つまり一言で言うと」です。

ピッチは一瞬で聞き手の心をとらえ、「もっと聞きたい」と思わせるのが目的。
色々詰め込みたくなるでしょうが、ダラダラ長くなるのはご法度です。

そもそも尋ねた相手は、聞きたいのではなく「知りたい」だけ
聞く価値があるかを判断したいだけで、あなたの作品に興味があるわけではありません。

だからこそ、相手が興味を持つようなピッチを作ることが肝要。
詳細は、求められてから説明すればいいので、とにかく気になるような一文を作りましょう。

例えばジョーズなら「ひたすらサメに襲われる話」のようになるかと思います。
これを聞いたら、どんな話か気になりませんか?

実際、映画関係者や先輩ライターに会うと「どんな話書いてるの?」と聞かれます。
自作の説明を求められることが多いです。

大抵の人は、上手く説明できません。
でもピッチがあると、スマートに自作を説明できます。

簡潔に述べられるということは、それだけ深く自作に向き合っているということ。
自作への思い入れが伝わり、相手からの評価も高まるでしょう。
二つの意味でも、ピッチがあると、とても便利です。

聞き手から「もっと聞かせて」と言われるように、内容を一言で表現してみましょう

ログラインとは

ログラインは「どんな話なのか」を一文でまとめたものです。

当然ピッチよりは長くなります。しかし、あまり長くならないように注意しましょう。
あまりにダラダラ続きそうなら、2~3の短文でまとめるのもありです。

「どんな誰がどうしてどうなる話」という型をベースに、組み立ててみてください。

例えば「七人の侍」なら「野武士に襲われることを知った農民が、村を守るために侍を雇う話」になるかと思います。

ここで大事なのが「一体どうなるの?」と聞き手に思わせること。
もし「ふーん、それだけなんだ」と納得されたら、それ以上読まれません。

例として「黒髪美少女がひたすら妖怪と戦う話」というログラインを作ってみました。

いかがでしょうか? もっと読みたいと思いますか?
なんとなくどんな話か想像がついて、「読みたい」と思わなかったのでは?

物語を作る時やアイディア全般にいえますが、下記要素は最高に人を惹きつけます。

  • 聞いたことがない話
  • 聞いただけではどうなるか予測できない話

ぜひログラインには、聞き手の想像が及ばないような要素を入れてみてくださいね。

なぜ最初にピッチやログラインを作るのか

「あらすじなんて、すぐに思いつかない」
「本文を書いてから、決めたい」

皆さんの中には、こう思う人もいるでしょう。

もちろん今作ったピッチやログラインは、後で変えて構いません。
ただ最初に考えておかないと、せっかくの力作が無駄になる恐れがあります。

ピッチやログラインは、「文庫本の裏にあるあらすじ」に似ています。

突然ですが、皆さんは本を買う時、本の説明文を読みますか?
もし文庫本の裏にあるあらすじが面白くなかったら、その本って買いますかね?

多くの人が、本棚に戻すと思います。
「クソつまんないから買いだ!」とテンション上がる人は、ごく少数だと思います。

つまりこの段階で面白くないと、そもそも読者に読んでもらえません。
手に取られない以上、どんなに面白い話を書いたとしても無意味。本文の面白さ以前の問題なのです。

物語を書く前段階で、この内容で読者の興味を引けるか、チェックしましょう。
ピッチやログラインの段階で面白ければ、その話は手に取られやすくなります。

全部書いてから「つまらない話だった」となったら、せっかくの頑張りが無駄ですよね。
執筆する前に、読者の興味を引けるかどうか、事前に作りこんでおきましょう。

ピッチとログラインの作り方

ピッチやログラインを作るコツは、三つあります。
ぜひ作る時のヒントにしてみてくださいね。

誰かに説明する

他人に自分の作品を説明する時、何からどうやって伝えるでしょうか?
友人に「どんな小説書いてるの?」と言われたと想定して、なんて答えるか考えてみてください。

実際に誰かに話してもいいし、録音するのも良いでしょう。
プレゼンテーションするつもりで、実際にスライドショーを作ると良いかもしれません。

目の前にいる相手が食いつくよう、自分の物語を売り込んでみてください。

あらすじを作る

最初にあらすじを作り、削って短い説明文を作る方法も有です。

多くの公募で、原稿用紙2枚程度の梗概を提出するよう指示があります。
もし公募に出す予定があるなら、最初にあらすじ作りから入ると良いでしょう。

梗概も同様に、審査員の興味を引くように作ることが重要です。

梗概を読んだだけで、審査員は「作者はどれだけ自作を把握しているか」「文章をまとめる能力があるか」を読み取ります。
本文よりずっと短いですが、あらすじやピッチ、ログライン作りはそれほど重要なのですね。

文庫本の裏にあるあらすじをイメージして作ると、作りやすいでしょう。
ぜひ自分の作品が本になったつもりで作ってみてくださいね。

既存作品のあらすじを作ってみる

自作のピッチやログラインを作るための練習として、既に世に出ている作品のピッチやログラインを作ってみましょう。
練習することでコツが掴め、自作のピッチやログライン、あらすじも作りやすくなります。

既存作品は、何かしらのテーマやピッチ、ログラインが設定されています。
それを自分なりに抜き出してみましょう。

正解として、実際に文庫本の裏にあるあらすじや解説と見比べることができます。
見比べることで、気づけなかった作者の思惑に気づいたり、自分の考えや感じ方が知れます。

他の作品で練習を重ねることで自作を見る目も養われるので、ぜひ試してみてくださいね。

ピッチやログラインは執筆前に作ろう

アイデアがひらめいたら、「どんな話か」を簡潔にまとめておきましょう。
最初にどんな話か把握することで、その後の物語が作りやすくなります。

ピッチやログラインがあれば、理解しやすい上に説明しやすいので便利。
誰かにPRしたり本にする時の説明文にも使えます。

ただし、ピッチやログラインの段階で面白くなければ、読まれません。
上手く一文にまとまらないようなら、今は書き出さない方が良いでしょう。

「せっかく書いたのに読まれなかった」ということにならないよう、初期段階でしっかり考え、より良い作品を作ってくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

目次
閉じる