文章力が磨かれるレビューの読み方|読むポイントとコツ

お悩みガールのアイコン画像お悩みガール

文章力を上げる読み方ってあるの?

目指す文章によって異なりますが、まずは「レビュー」を読むのがオススメです。

しかし、ただ読んでいては意味がない。

本記事では、文章力が磨かれるレビューの読み方をご紹介しますね。

実は、レビューには文章のポイントがすべて詰まっています。ポイントを押さえてレビューを読むことで、文章を見る目が養われますよ。

ちなみに、本記事は、下記の続きです。

単体でも楽しめますが、より深く学びたい人はこちらも読んでくださいね。

▼レビューを使った文章力トレーニング方法はこちら

一番簡単な【文章を見る目】を養う方法|文章力の磨き方

目次

レビューを読む時のコツ

レビューを読む時は「自分の心の動き」を観察してください。

  • 自分がどう思ったか
  • この文章から、どんな印象を受けたか
  • 読み終えた時に、どんな感想を抱いたか

そして、なぜその心の動きが起こったのかを究明していきます。

では、究明するためのポイントをご紹介しましょう。

レビューのどこを見るか

レビューを見るポイントは、次のとおりです。

  1. 何のために書いてるか
  2. 知りたい情報あったか
  3. 買いたくなったか

一つずつ見ていきましょう。

何のために書いてるか

何のために書いているか、作者の意図を考えてみましょう

レビューを書く目的は、次のようになるでしょう。

  • いいものだと思い、誰かに勧めたくなった
  • 期待外れだったので、不満を言いたい
  • 想像以上によかったので、その感動を伝えたい
  • 自分の不満をぶちまけているだけ
  • クレーム
  • ライバル商品を蹴落としたい
  • レビューを書いてほしいと言われたから書いた
  • レビューを書く仕事を請け負った
  • どう改善したらいいか、建設的な意見

「自分本位に書いているか」「相手の参考になるように書いているか」を見極めます。

他人が読むことを想定している文章は、それだけで読みやすいです。

また、レビューが、全て個人の主観によって書かれたとは限りません。「レビューを書く仕事」もあるくらいですから。

文章の素人が適当に書いたのか。
プロが集客のために書いたのか。
はたまたプロ級の一般人が本音を書いたのか。

わからなくても、考えることが大事です。そうすれば、自分が筆者に巧みに誘導されていることに気づけるでしょう。

「何のために筆者は書いたか」を考えることで、文章の裏に潜む思惑が読み取れるようになります。

知りたい情報あったか

レビューの内容を見る時は、役立つ情報があるかもチェックしましょう。

どんなに表現が上手でも、中身のない文章は無価値です。

基本的に、文字量は関係ありません。

長いだけで中身がないなら、誰でもできます。

一言だけの短文レビューも役立ちませんね。

情報が詰まっている、なのに短文」が理想的です。

文字量ではなく、情報の濃度に着目しましょう。

また、筆者は意図的にいいことばかり書いているかもしれません。不満があるからと、一方的に悪く書いているかも。

悪いことが書いてあっても、すべてが悪いレビューとは限りません。

発送不備などの販売者本人が関与できない部分から、「購入者が勘違いして買った」というケースもあります。

同じ間違いをしないように警告しているなら、それはいいレビューです。
しかし、再現性のないミスに対する不満なら、悪いレビューとなるでしょう。

それが「役に立つか」「購入の際、参考になったか」を考えましょう。

買いたくなったか

いいレビューは、読んでいるだけで買いたくなります。購買意欲をかき立てられたり、「買おう!」と決意させてくれるでしょう。

実は、文章には目的があります。

文章の目的とは「人を動かすこと」。読み手に、なんらかのアクションを促すのです。

「買いたくなった」というのは、文章に心動かされた証拠。

もしあなたが購入したら、読んだレビューは目的を達成したことになります。

興味のない商品でも、そのレビューを読んで欲しくなったら、「なんで欲しくなったか」を考えましょう。

どの言葉が自分に響いたかを分析することで、あなたの文章にも人を動かす力を宿りそうですよ。

レビューには文章のコツが詰まっている

レビューを見るポイントは、次のとおりです。

  • 何のために書いてるか
  • 知りたい情報あったか
  • 買いたくなったか

たかがレビューですが、されどレビューです。深く読み込んでいくと、その奥深さに気づくでしょう。

ぜひ自分の心の動きを観察しながら、読み込んでくださいね。

ちなみに、本内容はセールスライティングの初歩的な考えでもあります。

より深く学びたい人はこちらの本が参考になるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる