「プロの小説家になりたい!」と思ったら最初に考えるべきこと

わくわくガールのアイコン画像わくわくガール

プロの小説家になりたい!

本気であれ、かすかな希望であれ、そう思う人は多いでしょう。

しかしながら、多くの人が誤解しています。

その誤解が解けないまま作品を書きまくっても、芳しい結果は出ません。

本記事では、素人が陥りがちな誤解についてご紹介します

読み終えた頃には、自分には何が足りないか、理解できますよ。

目次

「自分の文章は読まれて当然だ」と思っている

「読んでください!!」
そういって、作品を送り付けられることがあります。

しかし、私は読みたくありません。

その作品を読む時間があるなら、私は鬼滅の刃が見たい。勉強のため、シェイクスピアを読みたい。映画の一本でも見たい。

あなたの作品に、私の時間を犠牲にしてまで読む価値があるのでしょうか?

この感情は、皆さん理解できるかと思います。
しかし作者になった途端、なぜか忘れてしまうんですよね。

シナリオ学校や小説講座で、他人の作品を読む機会がありました。

勉強や仕事上、必要だから読んでいます。しかし、正直ちっとも面白くない。
「なぜこんな作品を読まないといけないんだ⁉」
「明日までに見る映画が三本あるのに!!」と、何度もキレそうになりました。

読者は、自分が読みたい作品を読みます。面白くなければ、読むのをやめるでしょう。

素人の作品は、大抵が「書きたいまま」に書かれています。
そんな作品を、あなたは読みたいと思いますか?

素人が勝手気ままに書いた作品なんて、誰も読みたくないのです。

まずはそのことを肝に銘じましょう。

お金を出して読みたいか?

送り付けられる作品の中には、しっかり書けているものもあります。

自身の経験や珍しい知識など、相手を惹きつける要素が詰まっているものもありますね。

しかし、お金を出せるかは別問題。

ブログ等に無料公開するなら、読んでくれるかもしれません。

ただお金を払って読みたいかと言われたら、多くの人が渋るでしょう。

アマチュアでいいなら、売れることは考えなくてOK。
でもプロ(商用)なら、売ることを考えなくてはなりません。

売れる=読まれるだからです。

書店に行って、あなたは一冊の文庫本を手に取ったとします。
裏表紙のあらすじや最初の1ページを読んで面白くなかったら、あなたは買いますか?

きっと本棚に戻すでしょう。
そもそもタイトルすら惹かれなかったら、手に取らないはずです。
売れなかった作品は、読まれないと同義なのですね。

プロとは、自分の作品でお金をもらう人。

「お金なんていらない」という人は、アマチュアでいる方が何倍も楽でしょう。

もしプロになりたいなら、お金の問題にも向き合う必要があるのです。

書きたいものと売れるものは違う

ここまで読むと「読者に迎合しろ」といっているよう見えますが、まったく違います。

書きたいものを、売れる形にすればいいのです。

書きたいもの」と「売れるもの」は違います。

素人がつらくなるのは「自分の書きたいものが、お金になるか」を考えるから。

かつての私もそうでしたが、書きたい=売れるを結びつけていたのですね。

「世の中はテスト」といわれており、何が売れるかわかりません。

しかし、好き勝手に書いたものが売れるでしょうか?

プロ作家だって、読者のことを考えて書いています。素人が好き勝手に書いた作品が売れるなんて、土台無理な話だと思いませんか?

だったら、書きたいものと売れるものを分けた方が、何倍も楽です。

売れるには、下記の方法があります。

  • 好きなものを書いても「読みたい!」と求められるような作家になる
  • 書きたいものを読者が「読みたい!」と思う形にする

よほどのインフルエンサーや芸能人じゃないかぎり、書きたいままに書いても売れないでしょう。

そこで、無名な我々は2を目指すしかないのです。

プロでもアマチュアでも活躍できる時代がきた

現代は、書く環境が整っています。

「好き勝手に書きたい!」と思うなら、アマチュアでいた方がよいでしょう。

ブログや電子書籍など、素人にも発表の場が広がりました。

「読んでもらいたい」と「印税が欲しい」が、気軽に両立できる時代になったのです。

そんな中、あなたは本当にプロになりたいのでしょうか?

あなたが求めるのは「プロ」なのか「書きたいものを書きたい」なのか。

一度じっくり考えてみることをオススメします。

本ブログでは「それでも書きたい!」という人に向けて、書き方や創作メソッドを発信しています。
ぜひあなたの作品作りの参考にしてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

目次
閉じる