最新記事をGoogle検索で上位表示させる簡単なコツ

わくわくガールのアイコン画像わくわくガール

本文も書けたし、ブログ更新しよっと!

「更新ボタンを押して終わり」は、もったいない! ちょっと工夫するだけで、閲覧数が大幅アップするかもしれません。

私も更新したら放置組だったのですが、最近勉強しているたかはしさんのブログに目から鱗な情報が載っていました!

たかはしさんは、月100万円以上を稼ぐ人気ブロガー。「真似したら、私のブログも伸びるのでは?」と思い、実践してみました。

本記事では、更新+αでできる上位表示のコツをまとめました。

やる前は「面倒くせぇ」と思っていましたが、慣れたら10分もかかりません。日常的にできるようになったので、ぜひ試してみてくださいね。

目次

Google検索で上位表示させるコツ3選

私が実践した手順は、次の3つです。

  1. パーマリンクの設定
  2. メタ情報の入力
  3. URL検査の活用

詳細な説明は、ぜひたかはしさんのブログを見てください。これ以上うまく説明できる自信がないので(笑)リンクは、各項目の末尾に貼っておきますね。

ちなみに、私はWordpressの「swell」を使用しています。画面が多少異なることをご了承ください。

では、上記3手順に従って、私が実践したことを解説していきますね。

パーマリンクの設定

画像引用:【1分でできる】マウスの反応速度を変更する方法

公開する記事のURLを決めます。検索キーワードを絡めることで、上位表示されやすくなりますよ。

もしパーマリンクを設定しないと、メチャクチャな文字列が割り当てられ、検索に引っかからないなんてことも。必ずキーワードを入力しましょう。

入れる時は、英語かローマ字で入力してください。

どちらでも良いようですが、本ブログは英語の方が反応がいいですね。グーグル翻訳だと一発で英訳できるので、キーワードを英語にして入力しています。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

メタ情報の入力

画像引用:【1分でできる】マウスの反応速度を変更する方法

検索時、表示された画面の見栄えをよくするための機能だと思ってください。

メタ情報を入れることで、利用者が「どんな記事か」を把握しやすくなり、読んでくれる可能性がグッと上がります。

私はこれが一番手こずりましたね。たかはしさんの画面と、名称が異なるからです。

swellだと下記名称として、投稿ページ最下部に配置されてります。

  • titleタグ→このページのタイトルタグ
  • メタキーワード→このページのキーワード
  • メタディスクリプション→このページのディスクリプション

タイトルタグは、タイトルをそのまま。

キーワードは、ラッコキーワードからそのまま持ってくると良いでしょう。検索されやすそうなキーワードを3つ入力します。

ディスクリプションは、冒頭かまとめから120字で要約。

ディスクリプションだけは新規作成する必要ががあります。面倒に思えますが、120字ってちょうど1ツイート分くらいなんですよね。「#ブログ書け」のハッシュタグを加えると、ちょうどいい感じ。

宣伝用ツイートを作るつもりでディスクリプションを作ると、面倒さも減るでしょう。宣伝にも使えて便利ですよ。

もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

URL検査の活用

画像引用:Google Search Console

ここからは、公開した後の手順です。サーチコンソールを開き、新規投稿のURLをインデックスに登録しましょう。

本手順をすることで、Googleに「この記事あるよ!」とアピールすることができます。登録しないと、Googleが本記事を認知できず、上位表示されるまでに時間がかかることも。

手順は次のとおりです。

  1. 検索ウインドウにURLを入力
  2. 公開URLをテストを押す
  3. インデックス登録をリクエスト

5分で終わるので、サクッと登録しておきましょう。もっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

たった10分で最新記事をGoogle検索で上位表示させよう!

Google検索で上位表示させるコツは、次の3つです。

  1. パーマリンクの設定
  2. メタ情報の入力
  3. URL検査の活用

これらの手順は、慣れたら10分でできます。SEO的な反応がグッと変わりますので、ぜひ試してみてください。

最後に、たかはしさんのブログは、本当にわかりやすく学びが多いです。画像が多いので、実践しやすいのもありがたいですね。他にも実践してみた記事があるので、ぜひこちらも読んでみてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる