PV数アップしたい!初心者にもできる簡単キーワード対策

アドセンス合格から一か月。収益化が励みとなり、1ヶ月で16記事を作成しました。「見られるほどに収益がアップする」と思うと、書く意欲が湧いてきます。

しかし、思うようにPV数は上がりません。PV数アップしようにも、何を書いたらいいのか……。

そんな時、この記事を発見しました。

分析とか苦手なので、本当はやりたくない……。しかし、筆者のたかはしさんは、毎月100万円以上の収益を上げる凄腕ブロガー。「成功者のやっていることを実践したら、私も成功できるかもしれない」と、実践してみました。

その結果、とんでもないことが判明……

本記事では、PV数アップのために私が試したこと・分かったことをご紹介しますね。

ちなみに、一回やったら、気が向いた時にいつでもサラリとこなせるようになります。パッと見難しそうですが、ぜひ試してみてくださいね。

目次

記事概要

まずは私が実践した内容を、簡単にご紹介します。

手順としては、次の3つです。

  1. サーチコンソールでクエリを確認
  2. ラッコキーワードでキーワードを検索
  3. キーワードプランナーで検索ボリュームのチェック

ページの行き来が多いので、サーチコンソール・ラッコキーワード・キーワードプランナーは開きぱなしにしておくと便利です。

詳細な説明は、ぜひたかはしさんのブログを見てください。これ以上うまく説明できる自信がないので(笑)

では、上記3手順に従って、私が実践したことを解説していきますね。

自分のブログがどんなキーワードで検索されているか

まずは Google Search Console を使って、どんなキーワードで検索された時に本ブログが表示されたか、回数などを調べていきます。正直見方がわかってませんが、「どのキーワードで引っかかったか」を知るのが目的です。

結果はこちら。

画像引用:Google Search Console

ま、まさかの「でんでんエディター」で、一番反響があるとは。

次が「小説 執筆 ソフト」。これも意外でしたね。講座で質問されたことへのアンサーで作った記事です。

一応本ブログは「書けない人のための書き方ブログ」なのですが、最近は質問に答えて、様々な記事を書いていました。浮気してるとは思いながらも、まさかキーワード的にでんでんエディターが一番人気とは予想外すぎる。

でもこれって、「どのキーワードでひっかかったか」なので、あらかじめ様々な記事を書いなかったら、分からなかったんですよね。

同ブログのたかはしさんが「初心者ほど色々な記事を書け」というのは「こういうことか!」と一人で勝手に納得していました。

キーワードの検索ボリュームを調べる

画像引用:ラッコキーワード(でんでんエディターにて検索)

次に、ラッコキーワードでKW「でんでんエディター」の検索候補を調べます。

そもそも本ブログは、キーワード的に弱いものばかり。「創作」「書き方」がニッチなので、競合については普段から考えていません。「好きな記事を好きなだけ書いてから考えよう」程度に考えていました。

でも扱うキーワードが弱いからこそ、ブログ自体が見られていないのかも……。

ラッコキーワードで「でんでんエディター」を検索したら、キーワード候補は思いのほか少ない。ラッコキーワード的にはたくさんあっても、右上の「全キーワードコピー(重複除去)」を押したら、グッと減る。案外キーワードって、絞られるみたいですね。

画像引用:Google広告

検索ボリューム的にも、たかはしさんが推奨している100-1000なので、ちょうど良さそうですね!

でんでんエディターで思いつく限り記事を書けば、それなりに閲覧数がアップできるということかも! そう思って書いたのが、こちらの記事。

でんでんエディターについては既存記事があるので、「私が書かなくてもいいか」と思っていました。でも「空白の行の挿入」が知りたくて、一時ググりまくったことを思い出しました。

ちなみに、ググりまくった時に知りたかった情報をまとめたのが、こちらの記事。

この記事があったからこそ、今回「でんでんエディター」について書くことになりました。きっと前記事がなければ、でんでんエディターについては書かなかったでしょう。そしてたかはしさんの記事がなければ、でんでんエディターで需要があるとは気づけなかったはずです。

ちなみに、でんでんエディター関連の記事がどう伸びていったか、機会があったら公開したいと思います。動きがあり次第、記事にしますので、もうしばらくお待ちくださいね。

プロのノウハウは実践して身につけよう

今回たかはしさんのブログから学んだことは、次のとおりです。

  • 有料講座にいかなくても、ブログのノウハウはゴロゴロ転がってる
  • 思わぬジャンルで反響あるかも→最初はジャンルを狭めない
  • どんなに難しそうでも、手を動かすと身につきやすい

正直、こんなに自分の思いと世間のニーズが違うとは思っていませんでした。本ノウハウを試さなかったら、ずっと気づけなかったでしょうね。

これからは様々な記事を書きつつも、サーチコンソールで出てきたキーワード多めで更新していきます。

最後に、たかはしさんのブログは、本当にわかりやすく学びが多い。画像が多いので、実践しやすいのもありがたいですね。本ノウハウを試したい人は、ぜひこちらの記事を読んでみてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる