【基本】文章力の学び方、身につけ方~せっかくの読書を無駄にしない為に

書けないガールのアイコン画像書けないガール

文章力って、どうやって身につけるの?

「たくさん読め」「たくさん書け」
文章力を磨くアドバイスとして、よく聞く言葉です。

私もシナリオ学校時代には、よく言われました。
(シナリオだと「読む、見る、書く」が基本ですが)

しかし私は「ただ読むだけ」「ただ書くだけ」なら、あまり学習効果がないと考えます。

読書量や執筆量が問題なら、ご年配ほど名文が書けるし、若輩者は一文字も書けないはずです。
しかし、ご年配でも支離滅裂な文章を書く人がいますし、学生でも名文を書ける人がいますよね。

量をこなすと質は上がるでしょうが、「イコール上達する」には結び付きません。

そこで、本記事では文章の学び方について解説しました。

読み終えた頃には、きっと文章を見る目が変わりますよ。

目次

文章の学び方とは

文章は、「書いてから読む」が鉄則です。
まずは自分の至らなさを自覚し、盗む気持ちでプロの文章を読みましょう。

その手順について、細かく解説していきますね。

自覚を持つ

文章を学ぶ上で、一番大事なのは「何ができないか自覚すること」です。

自覚のあるクセは直したりカバーできますが、自覚のないクセは直せないものです。

  • 「てにをはが使えない」
  • 「いつも単調になる」
  • 「語彙力がない」

まずは、こういった自覚を持ちましょう。

自分に足りない所がわかれば、そこを補うことができますよね。
逆に「何かおかしいけど、どこがおかしいかわからない」という場合は、難しいでしょう。

漠然と読んでもいいのですが、自分の問題を把握し「解決するにはどうしたらいいか」という視点を持って読んだ方が、学びが深くなるでしょう。

自分が理想とする文章を見つける

次に、「自分がどんな文章を目指しているか」を決めましょう。

目標に足りない部分を補うことで、目標とする文章が書けるようになるでしょう。

あなたにとって、「いい文章」はどんな文章でしょうか?

芥川龍之介?
太宰治?
夏目漱石?

作家を思い浮かべる人もいれば、「雑誌に載ってる文章」「新聞みたいな記事」のように答える人もいるかもしれませんね。

そう、いい文章は、人によって違うのです。
だからこそ、自分が理想とする文章を見つけましょう。

芥川龍之介のような文章が書きたいのか。
それとも新聞のような文章がいいのか。

目指す場所は、人それぞれ。書く目的に合わせて、理想の文章を使い分けてもいいですね。

プロの文章を分析する

自分に足りないもの・必要なものが把握できたら、プロの文章を読みましょう。
そして自分の文章と比べてください。

  • 表現力がないと悩んでいる→どの部分が自分にない表現なのか
  • 語彙力がない→どんな言葉に語彙力を感じるのか

プロの文章を分析することで、自分との違いがわかるでしょう。

どんな技が使われているか、どう書いたらいいのか、例文として学ぶことができます。

こんなことをするのも、いいかもしれませんね。

  • 自分にできないと思った表現を書き写す
  • 「自分の文章で使えたら」と思った表現をメモする
  • 感銘を受けた部分に線を引く
  • 「上手い!」と思った単語をメモする

このようにして、自分の文章に必要なものを学び取ってくださいね。

文章を実践で学ぶべき理由

文章の書き方講座で、一番要望が多かったのは「てにをはの使い方」。

電子書籍を作るにあたり、私もてにをはを学び直しました。
しかし、一瞬で諦めました。

てにをはを完璧に学ぶなら、大学の授業並みに難解でわかりづらい文章を読むしかない。
てにをはだけで、一冊本が作れるでしょう。

てにをはの本を作れたとしても、読者に理解してもらえるかは不明です。
さらに実生活で使えるかどうかは、別問題ですよね。

だったら、実践で学んだ方がはるかに速いです。

幸い、世の中には生きた文章やいいお手本があふれかえっています。

もちろん悪い例もありますが、それらを分析する力があれば、自分の中に吸収できます。

分析にはセンスも必要ですが、センス以上に「欲する気持ち」が大事です。

ぜひ貪欲に文章と向き合って、必要なスキルを盗んでくださいね。

文章を学ぶには「書いてから読む」が鉄則!

文章を学ぶ時は、まず自分の至らなさを自覚しましょう。
その上で、盗む気持ちで読むことが不可欠です。

漫然と読んだり書いても文章力が上がらないのは、「どこを盗むべきか」を自覚していないから。

中には「読むのと書くの、どっちが先かわからない」と悩み、行動しない人も大勢います。

まずは書きましょう。そして至らなさを自覚し、読んでください。

その経験が、あなたの文章を力強くしてくれますよ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

目次
閉じる