世界的名作家のプロットを見る方法|小説の書き方学習法

プロットって見たことない…

小説やシナリオの勉強をしていると、よく耳にするプロット

聞いたことはあっても、プロットを見たことがないという人は多いのではないでしょうか。

正直な話、私もプロットを完全には理解しきれていません。
プロの書くプロットが見たくて、様々な書籍を買ったりシナリオライターの授業を受けたものです。

しかし、とんでもなく簡単に、世界的大作家のプロットを見ることができました

本記事では、世界的小説家のプロットを読む方法をご紹介しますね。

目次

どこでプロットが見られるか

意外なことに、目次にプロットが書いてありました。

例えば、ハックルベリー・フィンの冒険(上)なら、次のとおりです。

第一章 ハックを真人間にする/ミス・ワトスン/トム・ソーヤーが呼びにきた

引用:光文社古典新約文庫「ハックルベリー・フィンの冒険(上)」 訳:土屋京子

厳密には、プロットというより箱書きですかね。

もちろん目次の項目だけで、内容は理解できません。
しかし読み進めると、まさにその通り。ネタバレもいいところです。

箱書きにせよプロットにせよ、滅多に見られないものではありません。貴重なことには変わりないでしょう。

プロットを使った勉強方法

おすすめは「読んだ後に自分なりにプロットを書く」こと。

自らプロットを書き起こすことで、以下の学びが得られます。

  • 物語の概要(流れ)を掴む
  • 物語のキーポイントを掴む
  • 章ごとの役割を知る

可能なら自分と目次、両者のプロットと比較しましょう。

プロがどのように書いたか、自分にない視点を学ぶことができますよ。

プロットが掲載されている小説作品

ここからは、目次にプロットが掲載されている本を紹介します。

ただし、次の点は予めご了承ください。

  • 出版社によって、同じ作品でも掲載されていない場合がある
  • 目次ではなく、扉絵や章の冒頭に記載されることもある

本ブログ(かけない.com)では、私がチェック済の本だけを掲載していきますね。

トム・ソーヤーの冒険/ハックルベリー・フィンの冒険

マーク・トウェインの著作は、プロット掲載が多いですね。

オススメなのが、光文社新訳文庫。美しい扉絵とともに、プロットが味わえます。

まずはトム・ソーヤーの冒険から。エピソードがぶっ飛びすぎてて面白いです。

ハックルベリー・フィンの冒険は、トム・ソーヤーの冒険の続編。

最初のグレート・アメリカン・ノベルとされる古典作品ですが、主人公ハックの軽妙な語り口スタイルで、スラスラ読めます。

ちなみに、前作を読んでいないと、この面白さを十分に理解できません。ご注意を。

両作ともかなりの長編なので、途中で内容を忘れがち。プロットは、振り返りにも役立ちますよ。

十五少年漂流記(二年間の休暇)

ジュール・ヴェルヌ作品は、本当にスゴイ。

難しい内容なのに、スラスラ内容が入ってきます。

よく見たら、PREPのような表記がありました。理解のしやすさは、この文体のおかげですね。

動植物やサバイバル生活など、とてもリアル。なのに作者のヴェルヌは旅行経験なし

書物からの調査だけで書いたそうですが、到底信じられません。

圧倒的な情報量に、ひたすら感動します。

本作はプロットだけでなく、文体や表現も勉強になるでしょう。

ちなみに、原題の直訳が「二年間の休暇」であり、両者とも内容は同じです。

八十日間世界一周は、これから読む予定! 今から楽しみです。

ガリバー旅行記

言わずと知れた、ジョナサン・スウィフトの代表作。

幼い頃に、慣れ親しんだ人も多いでしょう。

しかし、ガリバー旅行記にもしっかりプロットが載ってます。

本日紹介した中では、一番詳しく載っている印象でした。

ちなみに、私は難しい文体が苦手。なので児童向け文庫で読んでます。

難しい本が苦手な方は、ぜひ岩波少年文庫をお試しください。

ドン・キホーテ

最後に、変わり種を紹介します。

ドン・キホーテにプロットは書いていません。しかし目次がネタばれ。

目次のタイトルが、物語の進行をそのまま表しています。

自分でプロットを作るなら、練習として最適な作品でしょう。

「どんなエピソードがあったか」をまとめると、プロットが作れますよ。

プロットは目次や扉ページに載っている

私が本記事の事実に気づいたのは、ガリバー旅行記を読んだ時。

作家によって、プロットが掲載されていることに気づきました。

なので、本記事で紹介した作家であれば、プロットが載っている作品が多いでしょう。

ぜひお好みの作品を探してみてください。

ただ、中には「思っていたプロットと違う!」と思う人もいるでしょう。それはゴメンナサイ。

しかし、これぐらいのプロットが自力で書けるようになれば、物語作りに困らないでしょう。

名作の物語展開を掴むことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる