作品にテーマって必要ですか?|テーマを作る意味と必要性

お悩みガールのアイコン画像お悩みガール

テーマってないと駄目ですか?

小説講座で寄せられた質問です。

小説のテーマ作りを面倒に思う人も多いでしょう。テーマなしで書いている人も存在します。

本記事では、テーマを作る意味と必要性について解説していきます。

読み終えた頃には、なぜテーマが必要なのか、スッキリ理解できますよ。

目次

作品テーマはなくてもよい

結論から言うと、テーマはなくても構いません。

ただし、「自分が何について書いているか」、しっかりと把握していることが条件です。

どういうことなのか、細かく解説していきますね。

作品にテーマが必要な理由

作品にテーマが必要な理由は、二つあります。

  1. 自分が何を書くか把握するため
  2. 他人に作品の良さを知らせるため

同じようで、全然違います。一つずつ解説していきますね。

自分が何を書くか把握するため

テーマが必要となる一番の理由は、「作者が作品を把握すること」にあります。

もしあなたが「自分はこれを書いている!!」と最後まで自覚できるなら、テーマなどなくても構いません。

ただ、多くの人が「自分が何を書いているか」、途中で見失ってしまうのです。

思考は常に移り変わります。ひらめいた当初は面白いとしても、次第に面白さを忘れてしまうでしょう。

小説は一日で書けるものではありません。中には年単位で書く人もいるでしょう。

年単位で思考を保つことは、相当な精神力が必要なのです。

年単位で思考を変えないよりも、最初にテーマを決めて、それに沿って書いた方が楽です。

自分が何を書くのか、明確に理解しているならテーマは要りません。説明できなくても問題なし。

ただし物語を見失いそうな人は、最初にテーマを決めておきましょう。

他人に作品の良さを知らせるため

作者は自分の作品の面白さを説明する必要があります。

作者が説明しない限り、読者は「この作品の何が面白いのか」理解できないのです。

例えば、あなたが何か本を買う時、裏面のあらすじを読むと思います。

あらすじが面白くなかった時、「よし、買おう!」とは思わないはず。そっと棚に戻すでしょう。

どんなに良い作品でも、面白さが伝わってこないと「読もう」とは思いません。

これは公募や商品化の時も同じです。パッと聞いて面白くなさそうなら、じっくり読みたいとは思わないでしょう。

テーマがあることで、「どんな作品か」が読者に伝わりやすくなります。

興味がなければ読者が離れるでしょうが、逆に興味があれば、喜んで読んでくれます。

相手に説明する材料として、テーマは役立つでしょう。

読者に作品の魅力を理解してもらうためにも、テーマは必要です。

テーマはあった方が楽

本記事のまとめは、次のとおりです。

  • 自分が何を書いているのか理解できるなら、テーマはなくてOK
  • テーマ説明できなくていいが、自分が理解してることが重要

個人的には、テーマは作者のためにあると思います。自分が把握しているなら、朧げでも説明できなくてもOKです。

ただ、もし商用として書くなら、テーマは説明できた方がよいですね。売り込みの時に使えますから。

テーマなしよりも、先にテーマを作った方が一万倍楽です。

ぜひ次の記事も参考にしてくださいね。

参考記事

「テーマって何?」「テーマなんてない」そんなアナタのために、テーマの作り方をまとめました。

▼テーマの作り方はこちら

作品テーマとは|簡単な作り方と見つけ方、捻り出し方まで

テーマだけでなく、ピッチやログラインもあると便利ですよ。

▼ピッチとログラインについての記事はこちら

「どんな話書いてるの?」に秒で答える【ピッチとログライン】とは?

勢いで書くと高確率で挫折します。その理由と対処方法を徹底解説!

▼勢いで書いて挫折しないための対処方法はこちら

【納得】勢いで小説を書くと失敗する理由と対処法

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる