BackJoyとバランスボール、どっちがいい?|1週間使った感想

先日、長時間デスク作業していたら、腰を痛めてしまいました……。「これからも腰が痛くなったら困るな」と思い、東急ハンズに出かけました。

当初はバランスボールを買おうと思っていたのですが、店員に激押しされてBackJoy(バックジョイ)を購入しました。

本記事では、BackJoyの使用レビューをご紹介します。

バランスボールと悩んでいる方は、かなり参考になると思います。ぜひあなたの腰痛対策の参考にしてくださいね。

目次

BackJoy(バックジョイ)とは

BackJoyは、椅子に敷く骨盤サポートシート。骨盤を立たせる姿勢を保つことで、腰痛を防止します。

世界30か国で34年の実績があり、400万人に愛用された本品。国内で唯一特許を取得しているそうです。

ちなみに、世間には腰まで覆うシートもありますが、固定すると「楽だけど姿勢が固まってしまう」ため、あまりよろしくないと店員に言われました。

BackJoyを一週間使った感想

一言でいうと「バランスボールを買っておけばよかった」です。そう思った理由は、以下にご紹介しますね。

参考 購入直後の感想は、こんな感じです。

思ったよりも効果を感じない

店頭でのお試し時にも感じましたが、あまり効いてる感覚がないんですよね。客観的に見たら「ちゃんと腰が立ってる!」らしいのですが、使ってる本人としては無自覚。それに自分の姿勢次第で、猫背にもなれる気がします。

本品は座り方にコツがあるのですが、ちゃんと座れないと効果を発揮しません。効果を感じなければ、ちゃんと座れているか不明なので、いつも「本当に効いてるのか?」と疑問が残ります。

ただ、トイレに行った時などに「いつもこんな姿勢になっていたな」と姿勢を正す癖が。姿勢を意識するという意味では、効果があると思います。

思ったより痛みが軽減されない

本品は「正しい座り方」へ矯正するシートです。だから痛みが緩和するわけではないし、痛いものは痛いままです。当たり前ですが、治療効果はないのですよね。

これからの痛み防止には効果的でしょうが、今ある痛みには効きません。大人しく鍼灸院に行くことにします。

鍼灸院は痛みにめっちゃ効きます。未体験の方は、ぜひ以下の記事をご参照ください。

思ったより揺れない

バランスボールを買いたい人は、椅子の上で揺れる&動く効果を期待しているかと思います。私もそうでした。

しかし本品は、思った以上に動きません。自ら揺れる必要があります。あと前後には動きやすいのですが、左右はあまり動きませんね。私は左右派なので、ちょっと不満です。

あと、私の椅子は柔らかいから、沈み込んでいるかもしれませんね。店頭では固い椅子で試したため、結構動くように感じましたから。

ただ、バランスボールだとかなり動くので、「動きすぎると不安」「少し揺れる程度でいい」という方なら最適です。

尻が痛い

本品はシートの縁に座るため、体全体を支える面積が小さいです。そのため食い込むことはないのですが、長く使うと接触面が痛くなります。次回以降も同じ部位に負荷がかかるため、痛いと思ったら即座に使用を中止しましょう

私は使用して2日で、痛みに我慢できなくなりました。その後、数日は使用不可になってます。そんなに座り仕事をする私が悪いのは当然ですが、適度な使用時間に抑えた方が結果長く使えます。

じゃあなぜBackJoyを買ったのか

ここまで愚痴だらけですが、じゃあなぜBackJoyを選んだのか。元々バランスボールを買おうと思っていた私が、なぜバランスボールをやめたのか。その理由をご紹介しますね。

ちなみに、私が検討していたのはクッション型のバランスボール。今ある椅子に置いて使用できます。
※店頭で買うより、ネットの方が安いです。なんか悔しい…

座面の高さが変動しにくい

バランスボールのクッションですが、かなり厚みがあります。今ある椅子に敷いたら、机との兼ね合いが悪くなると思いました。

一方、BackJoyは尻が浮きますが、あまり座面の高さは変わりません。今の机と相性がいいと思いました。

椅子の高さにこだわる方は、ぜひ厚みも考慮してください。

動きすぎない

最初、バランスボールでは動きすぎて「大事な局面で集中できない」と思いました。その点、BackJoyは自分から動かないと、あまり動きません。今では不満になってますが、当初はそこがいいと思いました。

でも、よくよく考えたら、大事な局面では「バランスボールクッションを外せばいい」だけなんですよね。あまり問題でもなかったように思います。

姿勢を矯正できる

バランスボールはエクササイズ(動くこと)を意識しているため、姿勢は治りません。

腰痛は姿勢が大事というので、抜本的に痛みを治すなら姿勢の矯正が必要だと思いました。

(結果、今は効いてるのか効いてないのか不明なことになっていますが。)

お手入れが楽

店員に言われて、一番グッときたのが「丸洗いできます」。

私が買ったタイプのBackJoyは、シートが布製ではありません。合成ポリプロピレンなので、ウエットティッシュでサッと拭けます。日常的に使うと、食べこぼしとか不安ですよね。だからお手入れの簡単さが魅力に思えたのです。

あと布製だと蒸れたり臭いも心配です。その点、本品では「いざとなったらシャワーで丸洗いしてやろう」と思えたのは大きいです。

でもよく考えたら、バランスボールもサッと拭けるんですけどね。製品次第ですが、あまり大きなメリットではないと思いました。

今ある椅子をそのまま利用できる

ちなみに、椅子ごとバランスボールに変えようとも思いました。

検討していたのはコチラ 土台が付いているので、転げ落ちる不安がありません

しかし、そうすると今ある椅子を処分しなくてはならなくなります。併用してもいいですが、スペースをとりますからね。二つは無理です。

BackJoyは置く場所を選ばないし、使わない時は壁掛けも可能です。座面の高さと合わせて、今ある椅子を有効に使うには、BackJoyがいいと思いました。

姿勢を正すならBackJoyがオススメ

1週間使って私が得られたのは、以下の通りです。

  • 尻の痛み
  • 正しい姿勢を意識する心

今のところ、デメリットの方が強く感じられますね。くれぐれも座りすぎにはご注意を。

ただし鍼灸1回分と考えれば、そう高い金額ではありません。長期的に腰痛で悩んでいるなら、一度検討してみるのはアリだと思います。

個人的には、バランスボールクッションを買って、交互に使おうと思います。その時はレビューをあげるので、楽しみにしてくださいね。

▼購入予定のバランスボール

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる