占いで悪い結果が出たら…【メール占い】書き方&伝え方

書けないガールのアイコン画像書けないガール

悪い鑑定結果が出たら、どう書けばいいの?

メール占いの書く時、こんな質問をいただきます。

悪い内容は書いてOK。ただし、書き方に注意があります。

本記事では、占いで悪い結果が出た時の伝え方についてご紹介しますね。

読み終えた頃には、悪い鑑定結果を伝えるコツが理解できますよ。

ちなみに、「メール占いって何?」と思った方は、先にこちらを読むことをオススメします。

目次

悪い占い結果を書いちゃいけないのか

「悪い結果を書いちゃいけない」というルールはありません。むしろ多少は悪いことを書くべきです。

悪い鑑定結果も伝えることで、「正直に教えてくれる先生」として相談者から信用されやすくなります。

むしろいいことばかり書いてあると「アゲ鑑定」として、非難される恐れが。アゲ鑑定とは、利用者にとって都合がいい鑑定のこと。いいことしか書いていないので、相談者に忖度しているように見えるでしょう。

中には「全肯定されたい!」という人がいるので、アゲ鑑定が100%悪いわけではありません。しかし「見えたまま伝える」を売りにしているなら、多少は悪いことを書くべきです。

悪い結果があることで、「アゲ鑑定」と疑われず、相談者から信頼されやすくなりますよ。

占いで悪い結果が出た時の伝え方

まず、割合としては、「いいこと7割、悪いこと3割」を意識しましょう。その上で、次のテクニックを試してください。

  • リフレーミング
  • 下げてから上げる

悪い鑑定結果を、そのまま書く必要はありません。伝え方次第で、印象は大きく変えられるのです。

リフレーミング

リフレーミングとは、NLPの用語。捉え直すのような意味ですが、ここでは「ネガティブなことをポジティブに言い換える」くらいに思ってください。

どんなものにも、いい面・悪い面があります。いい面から捉えることで、悪い結果の印象もガラリと変わるでしょう。

たとえば、「飽きっぽい」。ネガティブなイメージですが、「好奇心旺盛」と言い換えたらいかがでしょうか。きっとポジティブに思えるでしょう。

「リフレーミング辞典」でググると、無料で用例が出てきます。「飽きっぽい ポジティブに」だと、もっと具体的な言葉が出てきますね。

リフレーミングは、ネガティブな言葉をポジティブにしてくれます。ぜひ利用してくださいね。

下げて上げる

書く順番を変えることで、印象がガラリと変わります。どんなにいいことが書いてあっても、最後に悪い言葉があれば台無しです。

悪いことがあったら、先に書いた方がよいでしょう。もしくは、悪いことの後に、いいことを追加します。

中には、下げたのに上げきれない人もいます。上げられないと、悪い後味で終わり、印象サイアク。そんな時は、次の手を試してください。

  • 悪いことを弱める
  • 悪いことがあるおかげで、いいことがあるように書く

例を使って、解説していきますね。

悪いことを弱める

悪い程度を下げます。「努力次第で改善できる」と思えれば、相談者の気持ちは軽くなるでしょう。

同じ意味合いで、より軽い印象を受ける言葉を使ってみてください。

たとえば「決定的に考えが合わない」も「ちょっとした誤解が生まれやすい」と書けば、なんとなく努力次第で改善できそうですよね。

言葉のチョイスを変えるだけで、ガラリと印象が変わるでしょう。リフレーミングと併せて使ってみてください。

悪いことがあるおかげで、いいことがあるように書く

悪いことをいいことに転換したり、次の課題に使いましょう。そうすると、悪いことであっても悪い印象を受けなくなります。

悪いことをいいことに転換する

あなたはせっかちでしょう。でもその行動の速さを皆が称賛しています。

悪いことを課題とする

人の話を聞かないタイプですね。他人の意見も取り入れたら、より成長できますよ。

いずれの2文も、悪い結果だと思いにくいでしょう。

また、「悪いこと+でも(いいこと)」を使うと、悪いことが目立ちにくくなります。

「下げたら上げる」はセットです。上げづらい場合は、下げ具合を調整してくださいね。

占いで悪い結果が出ても、気にしなくてOK!

占いで悪い結果が出た時は、次のように伝えてください。

  • 「いいこと7割、悪いこと3割」を意識する
  • リフレーミングで、ポジティブに言い換える
  • 書く順番を気を付ける(下げて上げる)

どんなにいい鑑定結果でも、伝え方が悪いと台無しになるでしょう。書き方は、スキルです。学べば修正できます。ぜひ占う腕だけじゃなく、伝え方や順番を工夫してくださいね。

ちなみに、本書では占いの伝え方についてご紹介しています。よければ参考にしてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる