【激レア】ルポルタージュ講座が開催されます!

ルポルタージュとはよく聞きますが、書き方を教えてくれる場は多くありません。ルポルタージュの書き方入門書は限られるし、運がよくて文化センター主催の講座で単発で学べる程度です。

私が辛うじて見つけたルポルタージュ入門書です。社会派ルポを書きたい人にオススメです。
【書評】ルポルタージュを書こう|講座級の内容に驚愕!

しかし2022年、なんとルポルタージュ講座の開催情報をゲットしました!

どんな講座か、ご紹介しますね。

目次

ルポルタージュ講座概要

講師はフリージャーナリストの肥沼和之さん。全2回の講座で、完全オンライン受講です。

当日参加できない場合は、後日の動画視聴OK。インタビュー実習があるなど、まったく初めての人にもありがたい内容です。

先日無料の講座説明会があり、私も参加しました。説明を聞いた上で納得し、本講座にも予約済です。

講座情報はこちら

受講しようと思った理由

私は本講座を受講します。ここからは、そう思った理由をご紹介しますね。

講座内容が具体的

ルポルタージュを作る前~作り方など、かなり具体的に学べそうです。私は「ルポルタージュの構成・書き方のコツ」が一番気になってます。

また、先日の事前説明会で知ったのですが、ルポルタージュで最も重要なのは「企画」。企画について学べる場も少ないし、原稿チェックしてもらえることも滅多にないでしょう。

ここでしか学べない内容満載の予感がします。

現役ルポライターから学べる

まず講師が現役ルポライターというのが魅力でした。これまでの人生、ルポライターに会ったことはありません。また、ライターとルポライターは似ているようで微妙に違う。両方知っているというのも、大きな強みですよね。

これまで数々の現地取材をしてきたライターだからこそ、学べることは多いんじゃないかと思いました。

インタビューが練習できる

講座2回目で、インタビューを行うとのこと。初めてインタビューする時って、超緊張するんですよね。私も仕事で多少インタビューするのですが、毎回震えています。

まったくの取材経験がない人にとっては、インタビューの練習ができるいい機会です。これだけでも受講価値があると私は考えます。

私もかつて「インタビュー講座」の受講を検討しました。しかし結構高額だったりするんですよね。特に趣味レベルだとインタビュー講座を受講する意義を感じないでしょう。本講座だと、単発でインタビュー手法を学ぶ手間が省けます。

滅多にないルポルタージュを学べるチャンス!

先日の事前説明会を受けて、一口にルポルタージュといっても広がりがあると知りました。

よく「私は面白い人生を歩んでます!」と売り込みされるのですが、そういった局面でルポルタージュの技術が役に立つと考えています。

カリキュラムを見るだけでも、私はこのルポルタージュ講座を受ける価値があると思っています。滅多にない講座ですので、興味ある方はぜひ申し込んでみてください。

申込はこちら

ルポルタージュを読んでみた

そういえばルポルタージュって読んだことないな」と思い、講師の肥沼さんオススメ作家・上原隆さんの著作を読んでいます。

「これもルポルタージュなんだ!」と衝撃。まるで小説のような完成度です。自分の作風を広げたい方、生々しい小説が読みたい方にオススメです。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる