今すぐ使える【ラッコキーワード】会員登録なしで使う方法

お悩みガールのアイコン画像お悩みガール

どんな記事を書こうかな

キーワードに悩んだら「ラッコキーワード」を使うのがオススメ! どのキーワードがどのように検索されているか、一発でわかります。しかも【完全無料】【会員登録なし】で利用できます。

本記事では、ラッコキーワードの使い方について解説しますね。

使い方を知れば、すぐさま使いこなせるようになりますよ。

目次

そもそもキーワードとは

調べたいことがある時、検索ウィンドウに入れる言葉を「キーワード」(別名:KW)といいます。

例えば、「アフィリエイトって何だろう?」と思ったら「アフィリエイトとは」のように検索するかと思います。この場合「アフィリエイトとは」がキーワードになります。

検索者が知りたい情報を、キーワードを元に、Googleの人工知能が探します。キーワードがあることで「この記事は関連があるか」「検索者が知りたいことか」を判別するのです。

だからどんなにいい記事でも、キーワードが含まれていなければ、Google的には関連なし。求める人にあなたの記事は届かないでしょう。

求める人に読んでもらうためにも、記事にキーワードを盛り込むことは重要なのです。

ラッコキーワードとは

ラッコキーワード( 旧:関連キーワードツール( 仮名・β版 ))は、キーワードリサーチツール。どのキーワードがどんな意図で検索されているかを知ることができます。

グーグル検索する時、検索候補が出ますよね。あの「検索候補」に何があるかを表示してくれます。

「どんなキーワードで調べられているか知りたい」「新しい切り口からキーワードを探したい」という人には、ありがたいサービスです。

【画像付き】ラッコキーワードの使い方

ラッコキーワードの使い方は、次のとおりです。

  1. キーワードを検索する
  2. 検索結果を見る
  3. 結果をダウンロードする(適宜)

次からは、画像付きで解説していきますね。

まずは検索ウィンドウにキーワードを入れ、検索します

例えば、「ブログ」で検索します。すると、次のように表示されました。

検索キーワード横のアイコンは、次のような機能です。

左/再検索:「ブログ おすすめ」に続く、3番目のキーワードを検索します。

右/結果検索:「ブログ おすすめ」で検索した結果を表示します。

もっと細かくキーワードで絞り込む時は、左を。どんな記事が上位表示されるか知りたい時は、右のアイコンを押しましょう。

検索結果はCSVダウンロードで保存できます。

ただし、結果が重複してて見づらいですよね。「キーワードだけ知れればいい」なら、全キーワードコピー(重複削除)を使いましょう。たくさんあるように見えて、実質10キーワードもないなんてこともありますよ。

私は普段「全キーワードコピー(重複削除)」して、結果をExcelやWordに貼り付けています。

キーワードを調べたら、あとは文中に入れましょう。特にタイトル・見出しには、重点的に入れます。そうすることで、グーグルがあなたの記事に関連性を見出しますよ。

ラッコキーワードを使う時のコツ

ここからは、私なりの使うコツをお話ししますね。

内容からキーワードを決める

私はブログの内容を決めてから、キーワードを探しています。内容から決めることで、書きたいことを書きつつキーワード対策が行えます。

だいたいの内容が決まったら、検索されるであろうキーワードを一つ決めます。ラッコキーワードの結果を見て、使えそうなキーワードを選択。それに寄せて書きます。

もし「ネタが入りきらない」と思ったら、分割してもう一記事書きましょう。「どのキーワードも当てはまらない」という場合は、検索されにくいかもしれません。

誰よりも早く新規記事を書けば注目を集められます。しかし見られにくい可能性も考慮しましょう。

ラッコキーワードを使うことで、ヒットしやすさと書きたいことのすり合わせができますよ。

どんなキーワードでヒットするか調べる

書いた記事が実際にどのように検索されるか、ラッコキーワードで検索します。

先日「【読むコツ付】なぜ昔の日本語の横書きは右から左なのか」という記事を書きました。表示されたら意図は伝わるでしょうが、どう検索したら表示されるかは疑問です。

そこで、自分がこの記事を知りたい人だとして、この記事を出すべく検索してみました。

まずは通常のグーグル検索し、検索候補や検索結果の下部に出る「他のキーワード」をチェック。それを片っ端からラッコキーワードで調べます。そして検索結果を元に、盛り込めるものを記事に反映していきます。

実際に検索してみると、思いがけないキーワードが出るものです。また、自分が知らないだけで正式名称があったりと、学びもあります。

読者の気持ちになることで、より読者に届くキーワードが選べますよ。

ネタ探し

ある程度書いたら、ネタに困るかと思います。そんな時は、ラッコキーワードでネタ探ししましょう。

自分の得意とする分野から、キーワードを一つ選んで検索。出た結果をもとに、書けそうなキーワードで片っ端から記事を書きましょう。

私は先日「でんでんエディター」で記事を書きました。すると反響があったので、早速「でんでんエディター タグ一覧」で記事作成。見事SEO1位になれました。※その時の様子は、下記でお伝えしています。

ラッコキーワードで最適なキーワードを探そう!

ラッコキーワードは、次の3ステップで利用できます。

  1. キーワードを検索する
  2. 検索結果を見る
  3. 結果をダウンロードする(適宜)

ネタ探しにもキーワード対策にも使えるので、ぜひ使ってみてください。無料&会員登録なしでも使えます。

でも会員登録すれば、よりラッコキーワードを快適に利用できるんです。

こちらの記事で会員登録のメリットについて解説しているので、参考にしてくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる