占い鑑定書の作り方|使用ソフトから送付方法、注意点まで

占いの鑑定書って、どう作るの?

普段「メール占いの書き方」を教えているのですが、鑑定書自体を「どう作るか」「どう送付すべきか」を聞かれることがあります。

本記事では、メール占いの鑑定書の作り方をご紹介しますね。

目次

鑑定書を作る前に

本記事は、以下を想定して作成しています。

  • 作成ルールなし
  • トーク画面+添付ファイルが使える

本記事は、個人活動の占い師を想定しております。
メールSNSのダイレクトメッセージココナラ等が対応範囲です。

もしあなたがどこかの占い団体に所属or占いサービスを活用しているなら、当該団体の作成ルールに従ってください。

以上をご理解の上、読み進めてください。

鑑定書の作成方法

鑑定書は、添付ファイルとして作りましょう。

決してメールやメッセージ本文に鑑定結果を書かないでください。

送付時は、文書ファイルかPDFがオススメです。

なぜ本文に鑑定結果を書かないのか

鑑定書を添付ファイルにする理由は、次の2つです。

  • 文面の圧を回避する
  • 鑑定結果と世間話を分離する

それぞれ一つずつ解説しますね。

文面の圧を回避する

長い文面は、かなりの圧を与えます。相談者は読む気が起きなくなるでしょう。

現在はInstagramで鑑定を受ける人も多いです。
ダイレクトメッセージは、1000字以下なら耐えられるでしょう。

しかしメール占いの文字相場は、1000~2000字
本格的なメール鑑定を書く時、メッセージ欄の利用は適していません。

別添として送ることで、文章の圧を回避できます。

鑑定結果と世間話を分離する

メール本文と鑑定結果を分ける一番の目的は、理想と現実を混ぜないこと。

メール本文と鑑定結果では、役目が異なります。

  • メール本文:現実的な話(挨拶、料金精算、営業など)
  • 鑑定文:夢想的な話(これからの未来など)

鑑定結果に現実的な話が入ると、夢ぶち壊しです。

特に鑑定文に「リピーターさんは次回半額」なんて書くのは最悪。営業が垣間見えると、一気に覚めてしまいます。

また、日常会話の延長で鑑定が始まると、どうしても入っていきにくいですね。
真剣に読まれづらいので、「次回も依頼したい」と思いにくいでしょう。

鑑定と世間話は、分けるべきです。分け方として、メール本文と添付ファイルを活用しましょう。

結果と分離できれば、メール本文には何を書いても自由。「リピーターさんは次回半額」といった営業も可能ですよ。

鑑定書作りにオススメなソフト

鑑定書は文書作成ソフトで作ります。WordやGoogleドキュメントで十分です。

一番よいのが、Wordですね。
背景にイラスト挿入できるので、手紙のような鑑定書が作れます。

Googleドキュメントは「リンクの共有」が便利。
URLを送付できるので、添付ファイルが利用できない場合に便利です。(例:TwitterのDM)

鑑定書にイラストを入れる理由

受け取り手にとって、鑑定書は手紙です。イラストが添えてあると、それだけで嬉しくなるものです。

あなたも友人に手紙を書く時は、可愛い便箋を使いたくなるかと思います。

イラストがあるだけで「手が込んでる」と相談者は思います。さ
らに、相談者の星座イラストなど、相談者ならではのイラストが入っていると、より嬉しくなるでしょう。

イラストは「無料素材 イラスト」で検索すれば、いくらでもダウンロードできます。
ワンポイントで構いませんので、ぜひ利用してみてくださいね。

メール鑑定送付時の注意

送る時は「相手が正常に見れるか」を意識しましょう。

送付時は、PDFが良いですね。
PDFなら、コンビニプリントが可能です。

しかしPDFもWordも、下手したら閲覧できないかも。
「ソフトをダウンロードしていない」など、先方の閲覧環境によっては、開けないこともあります

これは占い師の注意だけでは済みません。もし見れないようなら再送するなど、相手のニーズに合わせてください。

相談者が「見やすい」占い鑑定書を作ろう

鑑定書の作成~送付は、次の手順で行いましょう。

  • WordやGoogleドキュメントで作成
  • 添付ファイルで送付
  • 営業や挨拶はメール本文で行う

メール占いは「相談者との文通」だと思うのがオススメ。そうすることで、読者目線の読みやすい鑑定書が作れますよ。

推薦図書:メール占いの始め方

「メール占い」について、占い方・書き方・仕事の取り方が体系的に学べます。メール占いの裏側や注意点も知れるので、これから副業したい人に最適です。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる