【初心者OK!】メール占い師になる4つの方法

副業として人気の占い師。
特にメール占いはリアルタイムでのやり取りがないため、スキマ時間に対応可能。主婦の副業としても人気です。

でもメール占い師って、どうやったらなるのでしょうか?

本記事では実体験を踏まえ、メール占い師になる方法を4つご紹介します。

もっと現実的な副業として、私は「占いライター」をオススメしています。興味があれば「占い師ライター」とは|9割の人が知らない実態となり方をご参照ください。

目次

メール占い師になる方法

メール占い師にはなる方法は、次の4つです。
2以外は、対面鑑定の占い師・チャット占い師も共通ですね。

  1. 電話占いサイトに登録する
  2. メール鑑定文作成の仕事を受注する
  3. 個人で受注する
  4. スキルシェアサービスに販売する

今回は初心者でも応募できるものを紹介しています。

ただし採用されるか・受注できるかは、別問題。
また、稼げる保証はありませんので、その点ご了承ください。

電話占いサイトに登録する

一番手っ取り早い&効果的なのは、占い師になること。

メール鑑定は、電話占いサイトで受注できます。電話占いサイトの求人に応募しましょう。

ただし、メインは電話占い。なので「喋るのが苦手」という人には、向きませんね。
メール占い専門の占いサイトもありますが、現在求人はない模様。

占い師になりたい人は多いので、採用は狭き門でしょう。
アルバイトのような求人も、ほぼないですね。

4つのなり方で、抜群の知名度・集客力を持つ電話占いサイト。自信がある人は、ぜひ応募してみてください。

メール鑑定文作成の仕事を受注する

ライターの案件に「メール鑑定文の作成」という仕事があります。
私はこの仕事を、クラウドワークスで受注しました。

ただし、激レア案件です。年に2回しか見たことがありません。もし見つけたら即応募してください。

個人で受注する

占い師として、個人で活動する方法ですね。
ブログやSNS等を使って、自身の活動を発信しましょう。

ただし、やったからといって稼げるわけではありません
努力が成果に結びつきにくいので、モチベーションが低い人には向かないでしょう。

最近「Instagramで無料占いをしている」という人によく会います。
ただ「無料だと希望者が殺到するけど、有料だと依頼が来ない」と悩んでいますね。上手な運用が求められます。

一つ言えるのは、やらないともっと稼げないということ。まずはお試し&ダメ元でやってみるのが良さそうです。

スキルシェアサービスに販売する

一番オススメするのが、ココナラへの出品。

ココナラは、占い師じゃなくても占いサービスを出品可能。初心者でも出品しやすいのが嬉しいですね。

さらに、スキルシェアサービスへの出品は、上記3つの良い所をすべて兼ね備えています。
自分の裁量で仕事内容を変えられるし、ブログのように毎日更新する必要なし。

占い師としての力試しとして、まず出品してみるのがオススメです。

メール占い師には即日でなれる

占い師に、資格はありません。占いができて、あなたが名乗ったなら、もう立派な占い師です。あとは仕事を取るだけですね。

ただ、この「仕事を取る」のが、想像以上に難しい。占い師のほとんどが、集客で苦労しています。

占い師は、なるよりも「続ける」「稼ぐ」方が難しいと、理解しておきましょう。

推薦図書:メール占い師の始め方

占い未経験から、メール占いを仕事にする方法を解説しています。本記事では書けない「メール占いが稼げない理由」も赤裸々にご紹介。本当に知りたい人だけご参照ください。KindleUnlimited会員は、無料で読めます。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる