kindleで読めるシナリオ|連ドラ、朝ドラ、大河まで

「シナリオを買いたい!」と思っても、なかなか見つけられないですよね。

また、分厚いので不便。本棚の場所を取りますし、出先で読もうにも持ち運びば不便。

そんな時は、電子書籍を使うのがオススメ。

本記事では、kindleで読めるシナリオを集めました。

▼紙派のあなたはこちら
脚本ってどこで買う?買える場所6選|シナリオの入手方法

目次

kindleのシナリオラインナップとは

kindleのシナリオは、決して豊富じゃありません。作家・作品ともに限られます。

しかし取り扱っている作家・作品が豪華すぎる!

話題作も多いので、とても勉強になるでしょう。

なお、検索する時は「シナリオ」で検索しましょう。
「シナリオ」だけだと、無関係な作品が沢山出るのでご注意ください。

シナリオの選び方

ここからは、kindleでのシナリオ選びのコツをお話しします。

シナリオ形式で書かれているか

kindleでシナリオを読む時は、必ずサンプルを見てください。
そしてシナリオ形式で書かれているか注意しましょう。

シナリオ形式じゃない場合、脚本とまったく無関係な内容かもしれません。

原作小説の可能性もあるので、注意しましょう。(それはそれで、勉強になりますが)

脚本家をググる

余裕があれば、作者をググってみてください。

映像化されていれば、そのシナリオは商用として成立しています。
映像と見比べることで、より深く脚本からの学ぶことができますよ。

また、作者が書いた他作品もチェックしましょう。

もし自分の好きな作品があれば、その作家とは相性がいいかもしれません。
重点的にその脚本家から学ぶことをオススメします。

自分の目的を明確にする

シナリオから「何を学びたいか」を決めておくと、シナリオ選びが楽になります。

例えば、セリフを学びたいならテレビドラマがオススメ。
長編を書きたいなら、大河ドラマや朝ドラがよいでしょう。
総合的な力を付けたいなら、古いシナリオを選ぶのがオススメですね。

用途から選ぶことで、より最適なシナリオを選べますよ。

kindleで読めるおすすめシナリオ集

ここからは、kindleで読めるおすすめシナリオ集を集めました。

ちなみに、私は未読です。シナリオライターの知名度や力量で選んでいるので、ご了承ください。

向田邦子

向田邦子さんは、kindleで販売数が多い作家です。
どの作品も330円と、非常に安価!(※2021年5月現在)

しかも女性脚本家の中ではレジェンド的立ち位置なので、どれを選んでも勉強になるでしょう。

向田邦子さんはテレビドラマがメインの脚本家ですが、著作も豊富。
シナリオの中には「小説版」もあるので、読み比べも可能。エッセイもあるので、ハマったら読んでみてください。

「どの脚本家にしていいか迷う」という人には、向田邦子さんのシナリオをオススメします。

阿修羅のごとく 向田邦子シナリオ集 (TVガイド文庫)

▼原作小説はこちら

古沢良太

ヒットメーカー、古沢良太さんは、kindleでの脚本が多め。
古沢さんの脚本は、売れる作品を知りたい人にオススメです。

テレビドラマシナリオ「リーガルハイ」

映画シナリオ「ミックス。」

古沢さんの脚本は「月刊ドラマ」に掲載されることが多いので、未掲載作品は月刊ドラマをチェックしてみましょう。

野木亜紀子

社会的ブースになった「逃げ恥」のシナリオ集。漫画もあるので、読み比べもしやすいですね。

漫画原作連ドラを書きたい人には、オススメです。

逃げるは恥だが役に立つ

▼原作漫画はこちら

野木さんの脚本は「月刊ドラマ」に掲載されることが多いので、未掲載作品は月刊ドラマをチェックしてみましょう。

宮藤官九郎

クドカンの愛称で親しまれる、人気脚本家。

kindleでの著作が豊富で、いだてんや木更津キャッツアイのシナリオも読めます。

一人の作家で大河ドラマ・朝ドラ・連ドラを読めるのは、最強すぎますね!

▼大河ドラマ「いだてん」

朝ドラ「あまちゃん」

連ドラ「木更津キャッツアイ」

J.K.ローリング「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のシナリオ集。

海外映画のシナリオは入手困難なので、かなりレアです!
しかも運がいいと、Kindle Unlimited対象。無料で読めますよ。

ハリポタファン、ファンタジーファンじゃなくても、一度は読みたいシナリオです。

シナリオS1グランプリ 第28回 受賞作品集

シナリオ・センターで開催している公募「S-1グランプリ 」の受賞作を集めた作品集。

公募自体は誰でも参加OK。しかしシナリオ・センターの受講生が多いでしょうね。

受賞者はプロではないので、他シナリオに比べればクオリティは落ちるでしょう。しかし素人のシナリオが読める機会は少ないので、貴重な本です。

どんな作品が受賞しやすいかを調べることも可能。プロデューサー気分で読むと、学びが多いでしょう。

また「この作品をどう直せばグランプリになるか」を考えて読むと、推敲する力も養われます。

完成された作品でなく、シナリオ修学者の力が知れる良書です。

kindleで気軽にシナリオを読もう

店頭では入手しにくいシナリオですが、電子書籍で気軽に読めます。

作家・作品は限られますが、良作ばかりで驚きました。
kindleで読めるシナリオだけで、十分独学できるでしょう。

電子書籍を上手に使用して、あなたの作品作りに生かしてくださいね。

推薦図書:3年でプロになれる脚本術

脚本を買った「後」について学べます。シナリオの勉強法が学べるので、初心者にも最適です。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる