【ほぼ日手帳】12月購入はオススメしない理由

皆さんは「ほぼ日手帳」を使ったことがありますか?
根強い人気で、手帳好きじゃなくとも一度は聞いたことがあるかと思います。

「来年こそは使ってみよう」と思い、2021年12月中旬に買いに行ったのですが、とある事態発生。

無地カバーしか売っていないのです。

ほぼ日手帳といえば、年替わりのユニークなカバーが魅力。
しかし店頭にあるのは、無地ばかりです。

ダーシェンンカの手帳を買おうと思っていたのにガッカリ!

新宿や渋谷など、都内の大型店舗を複数回ったのですが、12月はラインナップに大きな偏りが。

安くない買い物だけに、実物を見て買いたい私。
店頭にないので困り果てました。

公式オンラインストアなら売っているだろう」と調べたら、在庫切れ多数!

幸いダーシェンンカはありましたが、購入を迷っていたヨシタケシンスケさんのカバーは在庫切れでした。

中には入荷予定のカバーもありましたが、どのみち年を越してしまいます。
「新年から手帳を使いたい!」という人は、残念な結果でしょう。

裏技として「中身だけ買って、入荷後にカバーを買う」という方法もあります。
急がないなら、いっそ2月1日発売の4月始まりを狙ってもいいですね。

それにしても、まさか12月中旬で、目ぼしいカバーが終売しているとは思いませんでした。

ほぼ日手帳を買うか迷っている人は、早めに購入しましょう。

推薦図書:ほぼ日手帳公式ガイドブック2022

ほぼ日手帳ユーザーがどのような使い方をしているか、覗き見ることができる一冊。「買ったはいいけど使いこなせない」「自分らしい使い方を探したい」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

参考:文中にあった用語解説

私が購入を迷ったダーシェンンカは、チェコの人気作家カレル・チャベックの作品に登場する犬の名前。実際に飼い犬の名前でもあります。

ヨシタケシンスケさんは現代日本の人気絵本作家。日常を絶妙なタイミングで切り取り、独自の世界を展開しています。独自のタッチで描かれたイラストもクスリとさせられます。

私は以下の本が大好きで、何度見ても笑えます。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる