リストレストで本当に腕が楽になる?|実際に使ってみた感想

長時間、キーボードを打っていると手首が痛いですよね。「リストレストがあると手が楽になる」と聞きますが、本当に効果あるのでしょうか? クッションで代用できそうで、わざわざ買う価値が見出せないのですが…。

そこで実際にリストレストを使ってみた感想をご紹介します。

ちなみに、本記事では「キーボード使用時に手首や腕を置くアイテム」として、リストレストをご紹介しています。アームレスト・パームレストとも同義です。

目次

リストレストを使った率直な感想

5分ほど使ってみたのですが、ずばり「買ってよかった!」です。

私が使ったのはこちら。近所のビックカメラで約1000円で購入しました。

ここからは、私が「よかった!」と感じたポイントをご紹介しますね。

漠然と腕が楽になる

なんといっても「あ、腕が楽だ」と思います。

腕の痛みが軽減されるなどの効果はまだ感じていませんが、リストレストがあるとないとでは、腕のしんどさが段違いです。

もし漠然と「腕がつらいな」と思っているなら、ぜひ試してみてほしいです。

調整不要

タオルやクッションで代用できるでしょうが、サイズや硬さを調整しなくていいのが嬉しいですね。

タオルだと毎回ばらけたり畳んだりと、案外面倒です。また、クッションの場合、机に乗り切らず邪魔になったりします。

リストレストなら使いたい時に机の上に置くだけ。腕を置くだけなので、面倒さゼロ。ちなみに私が使っているリストレストは滑り止め付きなので、より快適です。

ほどよい硬さ

かつてクッションで代用した時に思ったのが「柔らかすぎる」です。腕が沈みこんじゃって、クッションの効果を感じませんでした。

しかしリストレストはフカフカでありつつ硬さもあります。さほど腕が沈み込まないので、ちょうどいい高さでキーボードを打てます。

ちなみに、最初はリストレストが厚すぎるかと思いました。しかし使っていると、ちょうどいい厚さでした。

リストレストがあると便利!

思いのほか、リストレストを使うと腕が楽になりました。

代用品とは全く使い心地が違うので、クッションやタオルで満足できない方は、ぜひ使ってみてください。

安いと1000円以下で購入できるので、ぜひ試してみてくださいね。

私が使っているのはこちら

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる