官能小説の書き方が学べる本7選

実は小説初心者にも書きやすいといわれる官能小説。本記事では、官能小説の書き方が学べる本をまとめました。

目次

官能小説の書き方入門書の選び方

官能小説の書き方を謳う本は、たくさんあります。ただし内容が微妙な本もあるので、可能なら立ち読みしてから選びましょう。

私が読んだ感じでは、作者の感想的な本が多いですね。創作技法が雑に書かれているので、何読まされているのかわからなくなります。

また、ジャンルやターゲットも決めておきましょう。「官能を扱う」という点は同じでも「ちょっとエッチなライトノベル」や「耽美が売り」など、作風は大きく異なります

男性向け・女性向けで、書き方が変わります。男性向け&女性向け|官能小説の書き方の違いをご参照ください。

自分の本が出版されるとして、「どのレーベルから出版されるか」「どんな読者が、どれくらいの官能を求めているか」から逆算して、入門書を選ぶとよいでしょう。

官能小説の書き方が学べる本

ここからは、官能小説の書き方が学べる本をご紹介します。

欲情の文法

400作以上の官能小説を世に送り出した売れっ子作家、睦月影郎の著作。男性向け官能小説の書き方が学べます。

創作ノウハウは薄めですね。自分が萌えるテンプレを作って、繰り返す。王道にして最強の手法ですが、物足りない人もいるでしょう。

ただ、本書の見どころは「書く姿勢」。執筆ペースや生活サイクルなど、作家の日常を窺い知れる良書です。

ジャンル問わずプロ作家になりたい人は、読んで損はないでしょう。私も時折読み返しています。

女流官能小説の書き方

女性作家、藍川京による官能小説の入門書。女性向け小説の書き方が学べます。

かつて私も読んだのですが、途中で辞めました。著者の話ばかりで、「何読まされてるんだろう」と疑問に思ったことしか覚えていません。

創作メソッドも少ないですね。「自分の妄想を形にしろ」に尽きる。ド正論なのですが、「妄想できなきゃ書けない」を意味します。妄想が苦手で書けない人にとっては、役立ちにくいでしょう

検索すると、一番上位に出てくる本ですが、正直オススメ度は低い。小説を書きたい→官能小説ではなく、「エロが好き→官能小説書きたい」という人にオススメな一冊です。

キスの先までサクサク書ける! 乙女系ノベル創作講座

乙女系ノベルの書き方が学べる一冊。乙女系ノベルに特化した本は少ないので、貴重ですね。

直接的なエロは少ないでしょうが、「女性向け官能小説の前段階」として学ぶには向いていますね。

女性向け作品が書きたい、濡れ場以外を強化したい人にオススメな一冊です。

文章を仕事にするなら、まずはポルノ小説を書きなさい

番外編ですが、「ポルノ小説というビジネス」について学べます。

著者は、ジュブナイルポルノの女王わかつきひかる。「Myシリーズ」は美少女文庫歴代一位の売上を記録しています。

書き方よりも「書いた後」について多くを学べるでしょう。「小説家になりたいが受賞できない」「なんでもいいから作家デビューしたい」という人にオススメな一冊です。

官能小説執筆に役立つ参考書

官能小説は、書き方より「表現」が大事です。なぜなら行為の描写が興奮を煽るから。物語が平凡でも、濡れ場が素晴らしいと読者は興奮できます。

表現に自信がない人は「表現集」を参考にしましょう。辞書として使ってみてください。ワンパターンな表現から脱したり、より読者の興奮を煽れるようになりますよ。

官能小説用語表現辞典 

官能表現に関わる用語を約2300語収録。「これ読むだけで官能小説が書けそう」といわれる一冊です。

官能艶語録 厳選1400手

官能ワード1400語が収録されている一冊。「肉体」「体液」「行為・しぐさ」「特殊」の4カテゴリに分類されているので、ただ眺めているだけでも面白そうです。

官能小説「絶頂」表現用語用例辞典

濡れ場の最高潮、「絶頂」に絞った表現を1943例まとめています。

自分の「書きたい」に合った官能小説の書き方を学ぼう

官能小説の書き方が学べる本は多いです。特にkindleでセルフ出版している著者もいるので、プロアマ含めれば相当な数が出てくるでしょう。

しかし「本当に使える本か」は、別問題。まずはサンプルを読んで、自分に合いそうだと思った本を選んでくださいね。

宮本くみこ
ライター
小説・シナリオ・エンタメを愛しています。小説書けずに苦節20年→脚本修行のため公務員辞めて上京→なんか違うと絶望→小説の真髄発見。普段は占いライターしながら小説・シナリオを書いてます。目標は国際アンデルセン賞受賞。「私自身が最高の物語」と自負してます。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる